So-net無料ブログ作成
検索選択

メールアートのコラボ [ブログでコラボ]

メールアートメールアートについては前回記事をご覧ください。


前回の記事でご紹介しましたメールアートのハガキ。
まだ一枚残っていたハガキのコラボを仕上げました。

前回記事でご紹介したナカムラさんとSILENTさんの合作です。
秦・地・栄・茶 の文字がスタンプされています。
そこへ、紫色の得体の知れないひだ模様…。
すごく不気味な感じを受けました。


1.jpg


文字から思い浮かんだのは始皇帝でした。
秦の始皇帝。栄えた国。広げた領土。不老不死の茶。

そして、ハガキを眺めていると、紫色のひだが始皇帝の際限ない欲望に見えて来ました。

元の画像の紫のひだ【欲望】が、良識の枠をはみ出してずっとアメーバのように伸びて広がる様子を、絵の具色鉛筆で描き加えてみました。


IMG.jpg


そこへ、始皇帝の絵と、兵馬俑の時代の軽業師の像をPCで貼りました。
兵士の像では、あまりにもそのものの感じがしたので、敢えて軽業師を貼りました。始皇帝の人生自体が、軽業のような…


完成です。「始皇帝の野望」

完成.jpg


これで一応コラボは完成しましたが、何となく出来上がった作品は、少々説明じみたものになってしまったように思います。

もっともっと、自分の枠を外し、自由にインスピレーションを表現できるようになりたいものです。際限なく伸びていくこの紫のひだのように!

今回ハガキが送られて来て以来、漢字や秦の時代の歴史を調べたり、普段とは違う世界を覗くことが出来ました。また、PCのソフトを活用したり、いろいろと勉強になりました。
テーマを他から与えられるのは、面白いですね。
次回のハガキが届くのが、とても楽しみになりました。




↓こちらは、後日追加した作品です。兵士にしてみました。

始皇帝−1.jpg












nice!(26)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

ブログでコラボ メールアート編 [ブログでコラボ]


「メールアート」なるものに初参加の巻き



ブログで、メールアートというものを知りました。
全く知らない人と、ハガキを通じてコラボレーションするのです。
初めて知ったのは、ナカムラさんという方のブログ「中村惠一の落合雑記帳」からです。
http://k1naka-essey.blog.so-net.ne.jp/

何度もナカムラさんのブログを訪問する間に、どうしても私もやってみたくなり、コメントしたところ、私にもハガキを送ってくださいました。


同じように、ナカムラさんからハガキを送ってもらった方々が、あちこちでコラボを始めているのです。こちらからもハガキを作って投げ掛けたら、やがては、海外からもコラボされたハガキが送り返されて来るというシステムのようです。


まったく初めてなので、メールアートコラボの認識すら定かではありませんでしたが、なにはともあれ、さっそく始めてみることにしました。



↓ なぎ猫さんという方がつくられたハガキです。
仁王さんにコスモス。何とも不思議な取り合わせですが、ブログに書かれていたなぎ猫さんのコメントにて納得!「恐い顔の仁王さんなのでコスモスをあしらって貼りました」とのことです。


korabo 3.jpg




さて、次はこのハガキに私がコメントするような気持ちでコラボしてみました。
私の描いたイメージは「花に睨みを効かせて見守る仁王」です。


コラボ4.jpg


恐ろしい世の中、厳しくも少女たちを守って欲しい!



もちろん、見た方のそのままのイメージで結構です。
難しく考えるといつまでも難しくて、作業が進みません。どうやら、インスピレーションを鍛えるためには、とてもよい作業のようです。

この出来上がったハガキを、元のなぎ猫さんへお送りするのです。
なぎ猫さんのブログは、こちらです。「毎日がヌートリア』http://nu-toria.blog.so-net.ne.jp/






↓次は、土岐小百合さんの「ことば」のハガキです。
言葉を大事にされていらっしゃる「言葉のアーティスト」で、HPはここhttp://www.tokitama.net/クリックしてみて下さい。面白い言葉・ことば・コトバが並んでいますよ。


コラボ1.jpg



時計が無かったころの時間」



言葉がグルグル回っているみたいで、面白い表現だと思いました。
時計が無かったころって、「無限の時間」のような気がしました。
そんなイメージで仕上げました。↓


コラボ2.jpg






さて、もう一枚。
ん〜実は…これ ↓ がまだ一枚残っています。


コラボ5.jpg


ナカムラさんとSILENTさんという方がコラボされたもので、コラボ後に私の元へ届きました。さらに、3人目の私が加えるのです。
SILENTさんもメールアートの制作過程の記事を詳しくUPされていますから、ぜひそちらもご覧ください!
「言葉に恋して 温故知新。」http://silentsilent.blog.so-net.ne.jp/


ハガキの中の秦の字を漢和辞典で調べたり…まだまだイメージが湧きません。宿題ですね。
他からテーマを与えられるということ自体が、日常生活にはなかなか見当たりません。自分の枠以外に考えを巡らせる機会が与えられることは、意外にも楽しいもののようです。


あ、そうです。この画像↑の紫色の不思議な軟体動物みたいなもの、これが「時計の無かったころの時間」の私が描いたイメージにピッタリだったので、こちらから拝借しました。これも「有り」だと思いましたので。



それでは、また皆さんと様々なコラボができるように、
「ブログでコラボ」のカテゴリーを充実させていきたいと思います。
ヨロシク[グッド(上向き矢印)]






nice!(30)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

陶芸教室 こねこね粘土 [konekone陶芸教室]


ブログ作品展

今日は、教室の雰囲気も交えながらの
今年最後のブログ作品展です[かわいい]



キャンドルカバー.jpg



キャンドルカバーです。10月に、くまもと工芸会館にて一日体験教室を開催しましたが、その時の作品も出来上がりました。
上の一番左の作品は、お父さんから娘さんへのクリスマスプレゼントです。ウィーンに留学中の娘さんのところへ、手土産として持って行かれるそうです。最高の贈り物ですよね。里心が付きそう…



ライトカバー.gif ライト.gif




陶芸教室こねこねねんど.jpgより




日曜.gif 職場の皆さんで仲良く来られます。





あ大皿.gif あ豆皿.gif
あ花器.gif
 直径35㎝の大皿流し掛け

 可愛い豆皿5枚組

 品のいい真っ白な花器

 以上3点、おしとやかOLさん作






とシュガー.gif と抹茶椀.gif
リンゴ型のシュガーポット      お抹茶椀 
                  以上2点、さわやかOLさん作






お抹茶椀.gif お茶碗.gif
   お抹茶椀           絵付け茶碗
                  以上2点、パワフルマルチ女史作






第二日曜.gif テニス談義にも花が咲きます。






い大皿.gif
 月白流し掛けのパスタ皿       ニコニコOLさん作







よ湯のみ.gif よカップ.gif
よ大皿.gif
 絵付け湯のみ

 蓋付きマグカップ

 お造り用大皿と醤油皿

 以上3点、
 先ほどご紹介の優しいパパさん作






水曜.jpg ハィ写しますよ〜






は人形.gif
人形 いつも優しいお母さん作
遠く大阪に就職された娘さんへ、手作りの食器をたくさん持たせてあげた優しいお母さんです。娘さん、お母さんお元気ですよ〜!






の抹茶椀.gif のシーサー.gif
釉薬の涙付きお抹茶椀       シーサー♀
                 本当は厳しいらしいお茶の男先生作




生徒の皆さん、皆さんのご家族やお友達、ブログに来て下さった皆様
み〜んな見て下さいましたか?
いつも楽しく教室やっていけるのは、皆さんのお陰です。


当教室は、飛び入りOK、単発有り、お昼もティータイムも笑いっぱなし。
ぜひぜひ、遊びにおいでください♬


※ 教室の本焼きは今年はあと1回のみですから、次回のブログ展示会は来年になります。今回載らなかった方は、次回ご登場いただきます^^
新年会「手羽先♥を食べる会」の参加もお待ちしていま〜す。(ギョームレンラクでした)







nice!(34)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

熊本城 本丸御殿 [熊本めぐり]

熊本城 本丸御殿

前回の記事では、お殿様の御膳体験をご紹介しました。
その御膳をいただいた所が、この本丸御殿の中です。

きらびやか過ぎるような…派手派手な御殿です。
400年という時を経て復元され、2008年4月に一般公開されました。

フラッシュ禁止なので上手く撮影できていませんが、少しご案内します。



よく時代劇で見かけますが、一段高いところがお殿様の座です。

IMGP1633-2.gif




天井の絵が素晴らしくキラビヤカ!

IMGP1637-2.gif




ここ大広間は簡素な美しさでした。ここが好きでした。

IMGP1644-2.gif




上の襖は復元後で、下は復元前です。
私は下の方が趣があって好きです。400年の時が過ぎればこの本丸御殿全体もこのような落ち着いたたたずまいになることでしょうね。
でも、描かれた当初はこのような鮮やかな色彩だったはずですから、タイムスリップしたと思って見学しました。

IMGP1641-2.gif

IMGP1642-2.gif




前回の記事で食事をした大御台所の天井です。 杉の丸太が太い!

大台所天井.gif




以前、新緑の熊本城をお伝えしましたが、
初冬の風景も凛としたものが漂っていてよかったです。




熊本城2.gif





熊本城-4.gif





コンクリートのスロープ上の砂利で滑って怪我をされた方が出て、
ただ今作り替えの突貫工事中でした。すごい音!
せっかくのバリアフリーも親身になって考えなければ、
中途半端な設備になってしまいますね…。
全体像をもっと撮りたかったのですが、クレーンも写るので無理でした。



熊本城については、
詳しくは、ここをクリックして下さい。熊本城公式HPです。




これまで、滅多なことでは地元の観光地など巡りませんでしたが、
ブログを始めてからは足元の良さを見るようになりました。



お抹茶をいただいて帰りました。
熊本巡り、今度はどこへ行こうかな?
写真撮影.gif

  
抹茶.gif





nice!(51)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

お殿様の御膳 [熊本めぐり]

本丸御膳 熊本城・本丸御殿にて



先日、お殿様のお食事を友人と体験してきました。
献立は、万延元年(1860)11月 熊本藩主 細川慶順の初入国御祝膳より、とのことです。




目にも鮮やかなお料理の数々です。

蓋を取ると.gif



珍しいものだけご紹介します。

球体お椀.gif

球体のお椀の蓋を取ると
ヒラメ.gif

鮃のお造り 大根 寒天 金柑などの細切り


大根 人参 寒天 金柑など、最後に「ん」の字が付くものを年の終わりに食べると、新年早々「運」がつくと言われていたらしい。




鯛.gif

一番美味しい手のひらサイズの鯛。
卵黄を塗って焼いたものを「金魚焼」というとか。ギョ!です。
上に見えるのは「辛子蓮根」初代藩主忠利の滋養の為に創作された。




焼き酢.gif

右「煎酒」室町時代からの調味料。酒と削り鰹、梅干等を煮詰め漉した。
左「煎酢」酢に鯛の骨と削り鰹を加えて煮出し、焼塩で味を整えた汁。

お造りや焼き魚につけるのですが、どちらも醤油代わりの旨味の濃い調味料です。身体に優しい調味料で、優しい味でした。




こる豆.gif

白「こる豆」糸引納豆の塩漬けを干したもの。熊本に伝わる保存食。
茶「妙解寺納豆」藩主の菩提寺妙解寺の塩辛納豆。見た目は正露丸!




朝鮮飴.gif

上の二つ→お菓子の「朝鮮飴」江戸時代熊本藩細川家からの幕府への献上品。羽二重餅に似ている。
下→「梨香」カリンに砂糖を加え、炭火で煉り詰めた滋養食品明太子かと思ったら甘酸っぱかった。







「当時、こんな食事が出来ただなんて、トノサマって贅沢よね〜」
でも、現代ではお殿様の食事でさえ庶民が食べることが出来る。
これまた「贅沢?」と思いながら、楽しいひと時を過ごしました。

こんな格好でお膳を囲みます。

4人.gif

詳しくは、こちらの公式HPをご覧ください。




昨日は、こちらから韓国へ旅行されて、無念にも惨事に遭われた方々もいらっしゃいましたが、熊本城では円高ウォン安にも関わらず、たくさんの韓国人観光団に出会いました。海を渡ること3時間。ほんのお隣りですからね。異文化交流を通じて、もっともっと親しくなれるといいですね。


次回は、本丸御殿の様子をお届けします。
平成20年に生まれた、[ぴかぴか(新しい)]きらびやかな御殿[ぴかぴか(新しい)]です。






nice!(29)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

マクロごっこ [my mindと詩]

遊んでみました







これ な〜んだ?



穴おたま.gif







おたま.gif






穴空きおたまから色とりどりの瓶を覗いてみたのです






洗剤.gif







今度は青い瓶を覗いてみますね







青い瓶.gif





「奇麗な未来」みたいに見えました




今度は野菜 薄く切ったら窓に貼付けて…





キュウリ−2.gif






キュウリ.gif






キュウリ−3.gif







なんでも切って貼り付けて…もぅB型は止まらない!






大根人参ゴボウ.gif






さらに虫眼鏡で覗いて…






みかん.gif






こちらはおなじみアルミ






アルミ泊.gif






穴を空けて覗いたら… あら、奇麗!雪の中






アルミリンゴ.gif






ならば、サランラップのフィルターではどうなるでしょう?






サランラップリンゴ−2.gif





淡い霧に包まれました







諸般の事情?により、BINBOU生活をしてますが、虫メガネでマクロごっこも楽しみました。
自分の「目」も虫メガネ使って撮ってみましたが…なんと、目尻のシワまでドアップに…これは即却下!


なんだか冴えない今日この頃ですが、楽しみ見つけて暮らしましょ♬
皆さまより頂いたniceも1000個[ぴかぴか(新しい)]になりそうです。


これからもよろしく〜!












nice!(46)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

今日も楽しい陶芸教室 [konekone陶芸教室]

みなさんの作品です[かわいい]

久しぶりに、教室の皆さんの作品をupします。
ぜ〜んぶ、初歩とは思えない出来映えです!
 


IMGP1218.jpg

「ワニ君」 いつもユニークな作品のOLさん作





IMGP0927.jpg

2作品目だけどお抹茶椀に挑戦!ピチピチOLさん作





IMGP0925.jpg

箸置き こちらもピチピチOLさん作





IMGP0703.jpg

月白釉に藁白の流れ模様 ハツラツOLさん作





IMGP0697.jpg

37センチの大皿 おしとやかOLさん作





IMGP1213.jpg

お花の先生へのプレゼントに パワフル全開女性作





IMGP1210.jpg

釉薬の重なりがポイント菓子鉢 同上作





IMGP1221.jpg

おしゃれな柄違い湯のみ 元気印のママさん作





IMGP1223.jpg

初めての小鉢 ニコニコママさん





IMGP0700.jpg

花瓶かと思ったら焼酎グラスだって!  沖縄へ帰ってしまった女の子作



陶芸教室

こねこねねんど.jpg


次回のupをお楽しみに〜♥









nice!(39)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

湯布院のお土産屋さん [旅]

お洒落なお店 大分・湯布院にて


この20年ほどで、まったくおしゃれに変貌した湯の街、湯布院。
観光地のお土産店をリサーチしに強行日帰りで行って来ました。



おしゃれなたたずまいのお店をいくつかご紹介します。



湯布院-1.gif
レンガと白いドア、グリーンのアイビーが素敵




湯布院−2.gif
お蔵のような建物です




湯布院-3.gif
夕陽を浴びて輝いてます




湯布院-4.gif
真っ赤なモミジに埋もれたお店




湯布院-5.gif
可愛い扉のバームクーヘン店


湯布院-6.gif

TV「はなまるマーケット」で紹介されたとか…

お土産に、と思って箱をよく見てビックリ!

なんと我が家の裏にあるケーキ店が本店でした!

made in ご近所」ごめんなさい、買うのやめました

それにしても、年輪模様がおもしろい




山下清美術館.gif
山下清美術館


放浪の作家 山下清の貼り絵やペン画、直筆の手紙や日記などが展示されていました。
純真無垢な手紙の内容には、思わず涙も…初めから終わりま全部繋がった文章なんですが、「どうして放浪に出たいのか?」「どうやったら追っ手から逃れられるのか?」など、切々と綴られていました。
貼り絵は実に緻密で、しかもモダンなデザインです。中には、お札を切って貼ったフクロウもありました。彼には、お金なんて俗っぽいものにはまったく興味がなかったのでしょう。



湯布院-9.gif



湯布院-8.gif
湯布岳




大急ぎで回って来ました。平日なのに観光客が大勢で、驚きました。
やはり、街全体で観光化に取り組んだ成果でしょう。昔のひなびた温泉街のイメージは露ほども残っていません。それはそれでいいような、寂しいような…。



我が家で細々と作っている陶人形やトンボ玉、置いてくれそうなところはなかなか…見つかりません。
今の観光地土産の多くは、全国どこにでもありそうな物に、その地の名前だけをプリントしたような物が多いですね…。



次回湯布院に行く際は、小さな美術館巡りをゆっくりしたいと思います。









nice!(36)  コメント(15) 
共通テーマ:アート

キアゲハの幼虫 [動物]

チョウになるDNA  キアゲハの幼虫



夏の終わり頃、我が家のプランターのパセリに一匹のキアゲハが飛んで来ました。
そして、まさに身をよじるようにして身体を「しの字」に曲げ、卵を産み付けて行ったのです。
カメラを持っていなかったのが残念!


小さな小さな丸い粒は、真珠のように奇麗でした。
大きさは、ちょうどカズノコ一粒くらいです。
それからずっと、我が家の「ののの堂」さんこと園ヒグラシサさんは記録を撮って来ました。


その美しい卵は、やがては大空を華麗に舞うキアゲハのDNAを見事に閉じ込めた神秘そのものでした。



キアゲハ小.gif
卵から生まれて10日目くらいです。
脱皮した皮がお尻のとこに残っています。
写真を撮って間もなく、この皮を食べてしまいました。




キアゲハ幼虫.gif
2週間目くらいです。
美しいエメラルド色の身体に、オレンジ色の模様が映えます。
食欲旺盛で、パセリの葉や種は丸禿げに…!




そして、この後、驚きの 変態 !
その様子は、ぜひ ↓ こちら、園ヒグラシさんのブログでご覧ください。

キアゲハの蛹化


卵〜チョウになるまでにわずか1ヶ月半。
こんなに素晴らしいドラマが、身近で起こっているのです。
アスファルトだらけのコンクリートジャングルでも、迷い込んだチョウは街路樹の中に子孫を残すために、そっと卵を産み付けているのです。


机の上やテレビだけでしか触れる事がないと思っていても、ずっと目を凝らして見てみると、すぐそこに大自然の中の小さな営みが発見できます。


小さな小さな粒の中に、こんなにも大きな力が隠されていたことに、とても驚きました。
私も翔びたい…!
来年は、チョウをたくさん羽化させたいと思います[ぴかぴか(新しい)]







nice!(30)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

五百羅漢・羅漢さんの思い  [熊本めぐり]

もの思う姿
熊本市・金峰山 五百羅漢にて




五百羅漢−1.gif




五百羅漢-0.gif




五百羅漢 説明.gif



夕暮れ時の山の中に
ひっそりとたたずむ羅漢さん

この地で200年
何を見て
何を感じ
何を考え続けて来られたのでしょう

誰かによく似たお顔
見つかりますか?



五百羅漢-3.gif




五百羅漢-4.gif




五百羅漢-6.gif




五百羅漢-7.gif




五百羅漢-8.gif



痛ましいお姿に、少し息が詰まりそうになりますね…
実.gif


それでも天を仰ぎ見る羅漢さん



五百羅漢−2.gif




五百羅漢-9.gif




五百羅漢-11.gif




木漏れ日の中の羅漢さん
もうすぐここにも寒い冬がやって来ます
どんぐり.gif





五百羅漢-5.gif




全体像はこんな感じです




五百羅漢-10.gif




見つけました!可愛い羅漢さん


羅漢-1.gif




知り合いのご主人が、石仏を彫る方でした。
その方から「私はただ、石の中に眠る仏様を掘り出してあげているだけです」と、お聞きしたことを思い出しました。





五百羅漢のあるここ金峰山は、蜜柑の栽培で有名です。
この季節、山全体がみかん色です。
熊本蜜柑・河内蜜柑の名で、皆さんのお近くまで出向いているかもしれませんね。


みかん.gif



金峰山.gif







nice!(32)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

三人 [尚工房:陶人形]



三人
秋の作品展より  熊本伝統工芸館にて


三人-2 IMGP1239-2.jpg



久しぶりの更新となります。
ここのところ、テーマのある作品展に出品するために、
大きな人形作りにずっと取り組んでいました。



手のひらに乗るくらいの小さな人形は可愛いのですが、
大きくなった途端に、急に難しくなるものだと痛感!



大きいと可愛くはなくなるので、必然的に求めるもの
それ自体が変わって来ます。



熊本県文化懇話会クラフト部門 「夢・未来へ」
まる・さんかく・しかく
私はさんかくのグループに入りました。



「ぼろぼろの階段に立ち
 陰をなびかせていても
 未来を見つめていたい」  そんな心情を込めました。






三人IMGP1256-2.jpg







流木は天草まで拾いに行きました。
知人がトラックを出してくれて、
友人も一緒に2トン車一杯採りました。
7日間浴槽に浸け、毎日水を換えて塩を抜き
その後、何ヶ月も雨ざらしにしました。





三人-3 IMGP1240.jpg.jpg





当番の係の方から聞いたのですが、
見てくださったあるお客様が、
「この三人の三角は柔らかく包み込まれるようで
 こころが癒されますね」と言われたそうです。



見る人のこころが映るような人形を作りたい、と
いつも思っているので、なによりの賛辞でした。






こちらは以前に作った三人です。



ブログ 三人 色調整済み.jpg











nice!(30)  コメント(19) 
共通テーマ:アート

The Loco-Motion [band]

♬ 今年の夏の集大成 ♬




バンド セピア.jpg





バンド_0001セピア.jpg


▶をクリックしてみてください。ライブ時の録音です。
ヴァケーションは終わりましたが…
過ぎ去った夏の思い出を!



come on, come on,
do The Loco-Motion with me.[るんるん]




IMGP1031.jpg




IMGP1046.jpg




IMGP1053.jpg




IMGP1061.jpg

ギョッ!My daugter's grandmother の姿が…




IMGP0997-2.jpg




前回の【band 】のカテゴリーでお伝えした仲間の皆さん方です。
皆さんいろんなバンドに参加していて、様々なイベントに呼ばれて演奏しています。


最近は oldies の懐かしい歌もCM等でカバーされていますね。
Softbank のCMでは、スマップロコ・モーションを歌ってます。
もっともっと、ジョン・トラボルタ風のリーゼントをバッチリ決めて欲しかったですね…。


若い子たちにも、懐かしの名曲が浸透していけばいいですね~
良い曲は、必ず後世に残ると思います。
そうでないと、あと10~20年で oldies を聴きに来てくださるお客さんが、まったくいなくなってしまう…となりそうです[たらーっ(汗)]


これからも、良い曲を残すため、皆さんで盛り上がりましょう[グッド(上向き矢印)]


IMGP1070.jpg





録音されたライブを、初めてmp3変換してブログに貼付けてみました。文字化けしたりで、なかなか上手くはいきませんでしたが、苦心の作です。


nice!(45)  コメント(19) 
共通テーマ:アート

普賢岳の噴火・大自然の脅威 [旅]

島原旅行の続編です。

普賢岳の噴火



島原2 IMGP1181.jpg


この美しい建物は、どこに建っていると思いますか?
雲仙・普賢岳の平成の大噴火によって有明海にまで溶岩が流れ、その溶岩台地に建てられたもので、火山体験学習館です。
その名も「がまだすドーム
「がまだす」とは、九州弁で「精を出す」という意味です。


私は、小学校の5年の時に、林間学校で普賢岳に登りました。
とてもきつい思いをしましたが、山頂から見た果てしなく美しい雲海は、今でも忘れられません。


その普賢岳、1990年11月から噴火が始まり、1991年6月3日の大火砕流では多くの犠牲者を出してしまいました。火砕流は時速100Kmで襲って来たそうです。
その後の度重なる土石流にも、膨大な被害を被りました。
新たに出来た溶岩のかたまりは、平成新山と名付けられました。


島原 IMGP1164.jpg

島原 IMGP1165.jpg

島原 IMGP1166.jpg

雲仙ロープーウェイ山頂の資料館よりお借りしました


島原の対岸に当たる熊本には「島原大変、肥後迷惑」などという言葉が昔からあります。平成の大噴火の際にも、我が家の西側の外壁やベランダに普賢岳からの火山灰が厚く降り注ぎ、雨でねっとりと貼り付きました。
でも島原の方々に対して、「迷惑」なんて失礼な言い方ですよね…。


噴火の凄まじさは、↓をクリックしてぜひ見てください。
ttp://www.s-navi.net/fugen/



島原2 IMGP1175.jpg

がまだすドームの入り口にあったモニュメントです。
噴火で飛んで来た溶岩で作られています。
島原の人々の「復興への希望」を未来への階段として、忌まわしい溶岩に刻んであるのだと思いました。
みんなでがまだして、ここまでこれたのです。


この「がまだすドーム」には、大スクリーンがあり、実際の噴火時の映像とCGを織り交ぜて、火山・地球の脅威を体験できるようになっています。床は揺れ、煙も吹き出します。


がまだすドーム.jpg

がまだす 入場料.jpg



「大自然の営みの前には人間なぞひとたまりもない」
…つくづくそう実感させられました。




【番外編】
島原で出会った植物です。


島原 IMGP1094.jpg
ソテツの花



島原 MGP1121.jpg
カポックの実



島原 IMGP1123.jpg
ホテイアオイの花



島原 IMGP1173.jpg
雲仙山頂のススキ



島原 IMGP1168.jpg
雲仙アザミ谷の野アザミ




自然と共に、共生できる日々に感謝!







nice!(39)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

50記事記念 友達の友達の友達は、みな ト・モ・ダ・チ [旅]


雲仙・島原の旅




島原 IMGP1159.jpg



実は私、生まれて初めて友人との旅行を体験しました。
最近諸々のことでお疲れモード満載の私を、友人が誘ってくれたのです。
で、この旅行、友人のそのまた友人の友人とは初対面だったのです。
フェリー乗り場での自己紹介後、なぜか急に打ち解け、数年来の友人の如く意気投合し、楽しい二日間をまるで女子高生?のノリで過ごしました。
このノリを巷では「オバサン」と呼ぶ…そんなこともすっかり忘れて!


それでは少しだけですが、島原の風景をお届けします。


島原 IMGP1097.jpg


島原 IMGP1101.jpg


島原 IMGP1108.jpg


島原 IMGP1106.jpg


島原 IMGP1112.jpg



島原は街中を冷たい湧水が流れていて、素敵な街です。


島原 IMGP1115.jpg


島原 IMGP1104.jpg


島原 IMGP1118.jpg



お屋敷が水の上に建ててあり、とても涼しくて情緒あるところです。
さまざまな苔が、ふかふかの絨毯のようでした。


島原 IMGP1088.jpg

島原 IMGP1086.jpg

島原 IMGP1177.jpg


島原名物の「具雑煮」と「かんざらし」です。
「具雑煮」は具雑煮と呼ぶだけあって、お餅の他にたくさんの具が入って、具だらけでした。鰹と昆布のお出汁がとても美味しく、汗を流して食べた甲斐がありました。具は、お店によって工夫があるようですが、アナゴやイギリスと呼ばれる蒲鉾のような物も入っていて楽しいですよ。
「かんざらし」は、品よく小さめの白玉だんごに、蜂蜜と砂糖のシロップを掛けて氷を浮かべてありました。素朴な、どこか懐かしいおやつです。


島原 IMGP1137.jpg

島原 IMGP1141.jpg

島原 IMGP1130.jpg

熱い足湯で癒される my大根s



「みかどホテル」というところに泊まりました。
ここにはダムの底に沈んでしまうはずだった樹齢1200年以上のスギやヒノキの大木が、柱や家具、オブジェとしていたるところに再利用されていて、ちょっと異空間を生み出していました。


島原 IMGP1155.jpg

半世紀生きてきた女の後姿。お母さんのヒップはタクマシイ!



ロープーウェイで雲仙の上まで登りましたが、山頂は雲の中でした。
普賢岳の頂上は見えませんでしたが、ここ島原では決して忘れることのできない【普賢岳の噴火】については、次回ゆっくりお伝えします。


「何はともあれ、とにかく元気で楽しく生きていこう!」と誓い合った旅でした。
一緒に誘ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。
また行きましょうね~[るんるん]

島原 IMGP1190.jpg.jpg








【おまけ】
具雑煮とイギリスについてのコピーを追加しましたので、ご覧ください。

島原パンフ1−1.jpg

島原パンフ1−2.jpg
イギリスとは、英国のことではありませんでした。
長崎なので、ポルトガル周辺からそれらしき名の物が入って来たのか?と思いましたが、海藻の名前でした。










nice!(28)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

冷めないスープ入れ [konekone陶芸教室]





File0038.jpg



ロゴ こねこねねんど.gif




 
        …冷めないスープ入れを作りたかった貴女へ…
 

          
主を失おうとしている車が一台
庭の奥の
桜の木の下に


膨らんだ桜のつぼみたちは
今年もまた 思い出を作りたがっている


小さい子供たちの歓声
大きな愛犬
足の弱ったおばあちゃん
粘土とピアノの楽譜
全部 全部 乗せて
貴女が運転しないと
どこへも行けないじゃない
入学式には桜色のワンピースを着るの
そう言って笑ったじゃない


無常の春雨


貴女は まだ無免許のまま発つつもり?
散り急いだ桜の花びらが数枚
鮮やかなエメラルドグリーンのボンネットに へばり付いている






桜の咲く新学期。この季節になると、必ず思い出すステキな方がいます。

彼女は、偶然にも私と同姓同名でした。
狭いながらも開いた陶芸教室の、オープン当時の生徒さんです。
私よりも一つ年上でした。細い体なのに、とても頑張り屋。お子さんが小学生ふたりと幼稚園児ひとり、それに大きな犬を二匹抱えながら、長年の夢だったピアノと陶芸を習うためにパート勤めも。
いつも、明るいエメラルドグリーンの軽自動車に乗ってやって来ます。
私も下手ながらピアノを弾くのは好きなので、よくピアノの話などをしながら粘土を捏ねました。

彼女の作る陶器は、初めからしっかりした目的があり、
「今日は餃子のタレ入れを作ります。手作り餃子が得意なんですよ。家族分のタレってたくさんいるし、大きくてあと引きしないのがいいな。でも、子供の手に余るものだとひっくり返してしまうから、油の付いた手でもひっくり返らないようにくびれを付けて、っと…ふふふ」
「今日はコーヒーカップとケーキ皿。もうすぐ家庭訪問の時期だから。先生にお茶をお出しする時のために。私の点数も上がるかしら~♪ 」といった勢いでした。

ある日、彼女は喜び勇んで言いました。
「今日は 【冷めないスープ入れ】 を作ります! テーブルの真ん中に、スープの入ったお鍋をドンと置いて つぎ分けるよりも、大きな分厚い器を置きたいんです。見た目にもいいし、分厚いと冷めにくいでしよう。どうかしら? 早く作らないと、春が過ぎて暖かくなったら意味が無くなるから。」と、楽しそうな顔。

丁度その頃、彼女のご主人は単身赴任で遠くへ行かれました。育児に家事に犬の世話にと、落ち込む暇も無いと言っていました。でも、どこかしょんぼりとして、寂しそうでした。

その後、やはり母親ひとりでは疲れが溜まったらしく、陶芸教室もお休みが続くようになりました。楕円形の冷めないスープ入れは素焼きのまま、彼女が釉薬を掛けに来る日を工房の棚の上で待っていました。厚みのある、どっしりと存在感のある器です。
真夏になって電話があり、夏休み旅行を兼ねて単身赴任のご主人を訪ねるとのことで、久々にとっても弾んだ声でした。
「スープ入れは9月になったら釉薬を掛けます。秋に間に合えばいいから」
しかし、秋になって、再び電話が。
「旅行で風邪をひいて、それがこじれてしまって…。ここんとこ調子悪いんです。スープ入れは冬に間に合えばいいんです。自分で釉薬も掛けたいし、待っていてくださいね」、とのことでした。コンコンと咳をして苦しそうでした。子供を三人連れての真夏真っ盛りの旅行は、さぞかし疲れたんだろうな… と電話の声から伝わりました。

でも、彼女は冬になっても現れず、こちらから連絡してみると、留守番のお母さんが電話に出られました。彼女は、入院したとのことでした。
お見舞いに行こうとしたところ、ご近所の方から、「良くない病気らしいから、お見舞いも遠慮したほうがいい」と言われ、驚きました。
私は、素焼きのままのスープ入れの器を、何度も何度も手に取り悩んでいました。「待っててください。」と言われ、ずっと待っていてあげたい。けれど、いつになったら来れるのかしら? 勝手に焼いて届けるのは、待っていなかったことになるのでは…? 待っていたら、元気になって釉薬掛けに来てくれる、そう信じたかったのです。

また春がめぐって来た時、ついに危篤らしいので帰宅している、と人づてに聞きました。
私は、何が正解なのかも分からないままに、すぐにスープ入れを本焼きして彼女に届けに行きました。
玄関先にお母さんが出て来られたので、器の説明をしました。
「これは、冷めないスープ入れとして作られたもので、家族で食事をする時に、スープが冷めないようにテーブルの真ん中に置いておく器だそうです。」
と、説明しながら、「私はなんて残酷なことを告げているのだろう」と、自分で気が遠くなるような感じでした。
彼女が台所に立つ事はもう無いのに…。子供たちに暖かいスープを、と気を遣う優しい人は、今旅立とうとしているのに…。彼女の無念を、わざわざ彼女のお母さんに告げに来ただなんて…。
しかし、彼女のお母さんは、私の躊躇した表情を読み取られたのか、とても優しく微笑んでくれました。
「あの子に見せます。喜ぶでしょう。」

帰り際、庭の隅にエメラルドグリーンの車がひっそりと止まっているのが見えました。
それから、わずか二日後に彼女は旅立ちました。桜の花が咲きはじめた頃のことです。
きっとお母さんが、彼女の子供たちにも器の説明をしてくれる日があると思います。
冷めないスープ入れの器は、いつまでも食器棚の中から、ご家族を見守り続けることでしょう。 
彼女の決して冷めることのない愛情を、たくさん満たしながら。


以前のブログから抜粋しました。




桜咲く春もそうですが、真夏のこの猛暑時にも彼女を思い出します。
深まる秋の気配にも、真冬のすぐにスープの冷めそうな日にも。



陶芸教室をしながら経験して感じたことを、これからも、少しづつ書き綴っていきたいと思います。




★前回は、息子のことで皆様から暖かいお言葉をたくさん頂き、ありがとうございました。
  まだ結果は出ませんが、祈るばかりです。




nice!(30)  コメント(12) 
共通テーマ:アート

チャリ [my mindと詩]





月 IMGP0936.jpg



チャリ


は?これでよかと?
安かけんて あんた
ママチャリなんか こりゃおかしかよ


は?これが流行っとる? 男子にね?
安かけんて あんた
盗られたっちゃ平気だなんて そんな。


向こうの辻の信号の下んとも
乗り捨てられて何日も何日も雨ざらし
迎えにも来ん


あがんチャリばっか集められて
貧しか国に売られていくって 知っとんね?
二ヶ月分の給料で買われて
ピッカピカに磨かれて
幸せなチャリになると


は?誰が儲かるかってね
そがんとは知らんよ
そがんとは。


安かけんて あんた
タダじゃなかとよ
何べんも盗られたら高(たこ)つくと


もぅ、やっぱりもういっぺん
這いずり回って捜しといで
よかね?


あ、盗って来いってにゃ言いよらんけんね!


自転車売り場にて






IMGP0990-2.jpg.jpg



収穫だ!



男はいつも 空ばかり見上げて 
浮き足立って歩いた
その先が 切り立つ崖だとも気付かずに
確か 男には羽なんて生えていなかったはず
だのに 突然
するりと崖の渕から 消えた
落下速度と 羽を生やす速度とを計算しないと
地面に叩きつけられるだけ
男のカラッポの頭はたちまち計算で埋め尽くされる
あぁ 収穫だ 収穫だ

女は無理して ピンヒールを履き
つまずかないよう 下ばかり向いて歩いたはず 
だのに 偶然か必然か
わざわざ小石に乗り上げて 転んだ
挫いた足は腫れ上がり 
夜になっても痛くてピンヒールなんて履けやしない
裸足のまま途方にくれて ふと顔を上げると
月の なんて丸く澄んでいること
そうか 月は痛みのある方が青く光るんだ
あぁ 収穫だ 収穫だ

子供は 父と母を失くし
急に 重しの取れた頭をもたげだした
雨上がりの土から出て来るタケノコにも負けず
ぐんぐん ぐんぐん 
一刻も早く 高い空の空気を吸わないと 
生きながらにして腐ってしまうぞ 急げ
男の目指したあの青空を突き破り
女の眺めた月を遥か見下ろすまで伸びていけ
あぁ 収穫だ 収穫だ

必ず みんな収穫だ

はしゃげ! はしゃげ!
収穫だ!








Mediumbox というブログを書いていらっしゃる方の記事に、
自転車の盗難に遭われたことがありました。
盗まれた自転車は、月で横たわっている、と。

上のチャリの詩は、私の息子が中学生の時の出来事です。
息子の同級生お母さんに、自転車が盗まれた話をしたところ、
「うちの子のチャリなんて8台目よ!」と言われました。
…と言うことは、7台も次々と買い与えられた、ということらしいのです。
??? その神経の方にビックリしました。何かが大きく間違っている…。

「月」 には、いろいろな忘れ物が残されたままのようです。
私の心もそこに置き忘れて来ているのですが、
今秋の十五夜あたりには、重い腰を上げて取りに行こうかと思っています。

今日は私の誕生日なのですが、
実は 一人暮らしの息子がしばらく体調を崩していて、精密検査を受ける日です。
お月様、私の願いをお聞きください。
誕生日のプレゼントには、どうか、息子の笑顔を またください。

はしゃげ!はしゃげ!悲しいほどに、はしゃげ!







nice!(31)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

横浜-1 [旅]






模様 横浜 IMGP0916.jpg




横浜模様 IMGP0903.jpg




横浜 IMGP0901.jpg




横浜模様 IMGP0902.jpg




横浜模様 IMGP0869.jpg




横浜模様 IMGP0870.jpg




横浜 IMGP0917.jpg





先日の福島からの帰途のスナップをまとめてみました。
横浜の港の見えるホテルから、外人墓地まで歩いたのですが、
おしゃれな街の、ほんのちょっとした模様にも目が向いて…
いちいち立ち止まるので、少しも前に進みませんでした。





ついに工房教室内の温度が68℃にもなり、ロクロの上で目玉焼きが出来そう!です。
屋根やサッシ・ガラスに水を掛けないと、クーラー入れても意味ありません…。
痩せたい方、どうぞ当サウナ陶芸教室へお越しください[あせあせ(飛び散る汗)]








タグ:横浜 模様
nice!(25)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

OLDIES BAND [band]


IMGP0952.jpg




IMGP0984.jpg




IMGP0946.jpg
IMGP0956.jpg
IMGP0950.jpg
IMGP0966.jpg
IMGP0947.jpg
IMGP0983.jpg




IMGP0969.jpg



ホテル日航・熊本で行われたパーティの模様です。会場は800人以上です。
イベントにOldies BandThe Blendy が参加したので、行ってみました。
娘がヴォーカルを担当させてもらっているので、友人と一緒に写真撮るために出掛けました 。




「引き出し」 と 「アンテナ」 をたくさん持っていたい!と

いつもそう思って過ごしているんですが、 ここに来て

このブログのカテゴリーが、また一つ増えました。「band



いつもの【詩と舞踊】の時のシルエットは、この娘です。

小学校入学から12年間、ずっと不登校気味でした……。

当時 「登校拒否」という言葉は、何か違うと感じました。

「拒否」 ができるような、強い力などありませんでした…。

皆が一斉に前を向いて、一斉に先生の指示に従う、という

「普通のこと」 に、幼いながら疑問を持ってしまったのです。

以後の 長~い長~い不登校の始まりでした。



それでも、ダンスと歌からだけは 離れませんでした。

絶対バンドをやりたい!と言い出したのは15歳でした。

ついに 「 おじさんバンドでならOK 」 ということになり、

以来丸10年間、今のバンドでお世話になっています。

懐かしの1950年代ポップスのナンバーを中心にした、

とっても 明るく楽しい 超ノリノリのバンドです。



「老後の介護までよろしくね!」と冗談言われるそうです ^^

優しいメンバーの皆さん、心より ありがとうございます!


IMGP0978-2.jpg




(小さなデジカメですから、どうかピンボケはご勘弁を!)







nice!(23)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽

陶芸体験教室・風鈴作り [konekone陶芸教室]




ロゴ こねこねねんど.gif





風鈴 IMGP0712.jpg



風鈴 IMGP0932.jpg



風鈴 DSC00101.jpg



くまもと工芸会館にて、先月 風鈴作りの体験教室をしました。
親子で参加された方もあり、楽しいひとときでした。

一ヵ月後、焼き上がったので、組み立ててもらいました。
みなさん、思い思いの風鈴、それぞれに個性ある音が鳴りました。
中には、台風でしか鳴りそうもない風鈴もありましたが…

金属や竹、ガラス、磁器など、さまざまな風鈴がありますが、
陶器の風鈴もまた独特の優しい音色です。
いくつか作って、和音にするとキンコロカン♪と楽しいでしょうね。






季節は全く違いますが、風鈴の詩です。






鳴る

         

冬の日の昼下がり
軒下に忘れられた風鈴が 一つ鳴る  

――――。

真下を通り過ぎる私の背に
一回きり鳴る

安堵しなさい
私が聞き留めた 確かに

遠くの日だまりまで
急ぎ足 一人ゆく

冬の日の昼下がり
広い空間には私だけ

風は私を吹き抜ける
風は私をまだ鳴らさない








やっぱり冬に載せた方が感じ出ますね…






nice!(26)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

三春のデコ屋敷 [旅]







三春 IMGP0818-2.jpg









三春 IMGP0818.jpg


残っている人形師のおばあちゃん。

腰は曲がっているけれど、腕の筋肉を見てください!

おばあちゃん、扇風機は効きますか?

下は残っている人形の型

三春 IMGP0813.jpg


無彩色な部屋で生まれた、色とりどりの駒たち


三春 IMGP0809.jpg




ここは、福島郡山の三春です。

梅・桃・桜が一緒に咲くから「三春」
日本三大桜の一つがあります。
人口2万人足らずの町が、桜の季節は32万人になるそうです。

もう一つ、デコ屋敷も有名です。デコとは人形のことです。
三春駅からデコ屋敷(5~6軒ほどの人形家内工場)までは、
バスも電車もありませんでした。
時代の津波なんて来ないだろ遠~~い山里で、
おばあちゃんは、今日も変わらす張子を作っているでしょう…。




粘土が重いだの、腰が痛いだのと 文句ばかり言っている私。
もくもくと人形を作る姿に見惚れました。










nice!(19)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

おもてなし料理 [旅]

こ~~~んなに のどかな所へ行ってきました





まわりは青々とした田んぼ田んぼ田んぼ


おもてなし料理 イネ.jpg




ここは無人駅 福島郡山市喜久田町


おもてなし料理 駅.jpg




空飛ぶカエルなんかもいたりして…


おもてなし料理 カエル.jpg




法事で、主人の実家へ里帰り
そこでいただいた おもてなし料理の数々
食いしん坊の私は、せっかく3キロダイエットして行ったのに、2キロ太って帰って来ました。


おもてなし料理 ナス.jpg

おもてなし料理 ナスIMGP0788.jpg

ナスを 油でサッと揚げてあるだけのシンプル

ただ それだけなんですが、これが美味し~い!!!

なぜ 美味しいかって、

それはお義兄さんとお義姉さんが長い間丹精込めて育て

ほんの今さっき収穫したばかりの 取れ取れだからです。

美味しい!と喜ぶ私に、あくる日もまた作ってくれました。


おもてなし料理 キュウリ.jpg

おもてなし料理 キュウリIMGP0796.jpg

取れ取れと言えば、このキュウリ、美味で歯ごたえ最高でした。

お皿の左半分は黄辛子と砂糖と塩に漬けたもの。

右側は浅漬けなんですが、これまた最高!!!



おもてなし料理 ポテトサラダ.jpg

同じく、取れ取れのジャガイモとゆで卵のサラダ

困ったことに、これ、いくらでも食べられるんです!



おもてなし料理 カツオ.jpg

カツオのお刺身。どぶろくにピッタリ!



おもてなし料理 菊の花.jpg

これは、菊の花の酢漬けです。   

色も鮮やかで、香りもすごくいいんです。



おもてなし料理 ホッケ.jpg

こちらは、市場で見つけたホッケ。この分厚さ!



おもてなし料理 おふかし.jpg

私たちが観光に出掛ける際、いつでもオニギリを握ってくれました。

これは新幹線の中で食べたもち米のおふかし。

そして、例のキュウリ 丸ごと3本。丸かじり。

ガリガリガリガリ…お隣の席の方、すみませんでした。

でも、ずいぶん羨ましそうでしたね?






まだまだ旅の日記は続きますが、まずは第一弾。
シリアスにまとめるつもりが、「食」のブログに様変わり~
                                                    つづく 

PS.その他にも、 蕗の砂糖煮、干し柿の梅酢漬け、青梅のプルーン漬け、 ミョウガの甘酢漬け、カリフラワーの黒酢漬け等  珍しい物がたくさんありましたが、 写真を撮るのも忘れて食べました。残念!


nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

2009-07-17 [旅]







しばらく 旅にでます。[飛行機]   [新幹線]   [電車]   [バス]   [手(パー)]






タグ:
nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

 [詩と舞踊]





Hiroko -12.gif


Hiroko -8.gif







蒸し暑い夜に

なおも湿らそうと降る

雨 雨 雨

私の内側にも執拗に

 

泥人形の私は溶けていく



それでも雨は降り続き

夜明けまでも降り続き

溶けゆく私に降り続き



あなたを抱いた腕も

あなたを記憶した頭も

あなたに駆け寄った足も

跡形もなく



明日など 来ないうちに








DSC00040.jpg



              魚の祈り


                 明日の朝目覚めたら

                 さっぱりと私を脱ぎ捨てて

                 魚になる



                 色鮮やかな花の色を鱗に集め

                 側線に走る冷たい水に心躍らせ

                 尻尾の先まで青い月の光に輝いて

 

                 広く深い あなたの海



                 そこには一本の国境もなく

                 自由に行き交う微笑む魂の群れが

                 永遠に私を包む



                 明日の朝目覚めたら

                 約束通り魚になれるよう

                 今日 ここに静かに祈る



butou002.gif


butou003.gif










梅雨が明けそうなので、急いで雨の詩をUPしました。
でもどろどろ感一杯で不快指数があがりそうなので、
もう一つ 魚の祈りの詩も合わせて載せてみました。

butou010-2小.jpg


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

 [尚工房:陶人形]

nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

そそり立つ塔 [my mindと詩]



そそり立つ塔


IMGP0407.jpg





ひとり遊び


ケン ケン ケン
ケン ケン ケン


どうも私は このところ
この世から
片足上げて すすんでる


おぼつかないけど この歩み
遊びのようで
遊びでない


ケン ケン ケン


宙に浮いた片足は
すぐさま空へ 行きたがる


石ころだらけの この地面
踏みしめようと もう片方


私と私の間を
うしろも見ないで


ケン ケン ケン
ケン ケン ケン


あした あさって しあさって
夢にも 現にも


ケン ケン ケン
ケン ケン ケン
ケン ケン ケン





画像と詩が合わない? と思われたことでしょう…
「そそり立つ塔」 続きを見てください。

IMGP0405.jpg


なんと足元は浮いているのです。
「浚渫船」(しゅんせつせん)です。
水底の土砂や岩石をさらう仕事をします。
河川の幅を広げたり、航路の水深を増したり、
埋め立て用の土砂を採取するなどの目的で活躍します。

IMGP0389.jpg



そうです。この浚渫船、片足どころか全体が水に浮いているのです。
それなのに、こんなに力強く「そそり立っている」のです!

そして、遊びのようで遊びではない どころか、
立派に仕事をしているのです。

この碇でしっかり踏みとどまり、そびえています。

IMGP0403.jpg



IMGP0411.gif



…なんだか、恥じ入った思いさえ受けました…










nice!(20)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

フランラントフランキノユメノウタ [動物]




孵化 DSC00007[1].jpg




フランラントフランキノユメノウタ



ランララ・ラン
ランララ・ラン

フランキーナフランキガ アリマシテ
フランランヲ フカサセヨウト
イッシンフランニ アタタメツヅケテオリマシタ

ランララ・ラン

フランランヲ フカサセルソノプランハ
フカカイニモ フラチニモ
ズットズット ツヅイテオリマシタ

フランランハ アタタマルトフカシギナ
フラフラニナルホド ヘンナニオイ
フランランハ フカシタクテモ
フカイナニオイヲ フリマイテ

ランララ・ラン

フランランハ フカデキナイノ
モウニドト
イヤイヤ タダノイチドダッテフカノウ!

フランランノユクエハ ゴミバコサ
フカイフカイタニノ ゴミバコサ

フランキーナフランキハ
ヨナカニ ミヲヨジッテ ナキマシタ
コノヨニ ウミダセルモノハ イッタイナンナノダ…

ランララ・ラン
ランララ・ラン
ランララ・ララララ・ランランラン





孵卵器(ふらんき)

卵を人工的に孵化させるのに用いる器具。
温度・湿度・換気の調整と、卵の回転・移動などの機能を持つ。
                                     広辞苑より



実は私の実家は、科学実験機器なども取り扱っている店です。
幼い頃のことですが、ある時、店の片隅に注文された孵卵器が置いてありました。
「これは何なの?」と訊くと、卵をかえす機械だと知り、なんとニワトリが機械になったみたいだ!
と、すごく感心しました。
以来、卵が孵化するところを見たくて見たくて、何度もお願いしましたが、
商品なのでもちろんダメでした。それからもずっと見たかった…。

それからざっと半世紀近くの月日が流れましたが、居たんです!
孵卵器を買って、いろんな卵(アヒル・ニワトリ・ウコッケイ・ホロホロドリ・チャボ・ガチョウ)が孵化する
様子を子供達に見せていたという人が。
そして、その人から「孵化前日には卵の中からピィピィと鳴き声が聞こえる」
など、面白い話をたくさん聞きました。
そして、その人はダンナ様となり、今 私の横で自分のブログを書いてます。
画像は昔の孵卵器のものを借りました。この孵卵器は温度のみ設定でき、その他は手動です。


私は生まれて半世紀経って、ようやく何かを生み出したくて…四苦八苦しています。







nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

クラゲ入りとんぼ玉 [ののの堂:とんぼ玉]




ののの堂さんの新作クラゲ玉が届きました。




新クラゲ DSC00009.gif


新クラゲ 青.gif



「どうやってクラゲを閉じ込めたんですか?」

「こんなに小さなクラゲ、どこで捕まえたんですか?」

「クラゲ、生のまま入れるんですか?」




そんな質問にののの堂さんニッコリでした。

1個作るのに60分、微動だにせず じっくり焼くとのことでした。

クラゲって、英語jelly-fishというそうです。

美しい呼び名!と思っていたら「意志薄弱」とかの意味もあるとか…

ごめんなさいね、クラゲちゃん






nice!(29)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

熊本城の石垣 [熊本めぐり]





今日は熊本を少しご案内します。




若葉 IMGP0603.gif

「熊本城・宇土櫓」

西南の役で唯一焼け残った櫓です。

石垣「武者返し」と呼ばれ反っています。

石垣を登って来る敵の進入を防いだのです。





石垣-3 IMGP0565.gif

石垣越しに見える「天守閣」





若葉 IMGP0530.gif

城のまわりの「長塀」

今は整備されて綺麗になってしまいましたが、

私が幼い頃には味のあるガタガタ状態でした。

長塀横の坪井川沿いには燃えるような真っ赤なカンナが咲き乱れ、

雨が降って川が増水するとカンナは流されまいとして必死でした。

石垣に赤いカンナがよく似合い、戦火を思わせるような景色でした。

全国どこでも同じような素材で整備され、情緒が失われたような…





石垣-4 IMGP0546.gif

若葉 IMGP0614.gif





それでは「五間櫓」沖縄・「首里城」の石垣を見比べてみて下さい。

石垣 IMGP0549.gif

石垣 DSC00067.gif





石の上にも三年。石垣の上にも四百年。

築城四百年の熊本城へ、ぜひどうぞ。









nice!(22)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

 [動物]




ゴンタ IMGP0691.gif

詩の内容と画像は無関係です あしからず…












そんなに尻尾をふって
今更どうした?
知っていただろう?


そうさ、私は
おまえを拾って おもちゃにし
これでもか これでもか と
重荷の愛情を熱く押し付けて


挙げ句
どうだ、
今は水の皿だって干からびて


おまえは私に媚びただろう?
そうさ、
それが おまえの罪状さ



与える以上のものを欲した



だから、
半径1メートルの世界に閉じ込められるのさ


哀れな目で見上げるな
お門違いさ
迷惑だ


こっちは
わずか30センチにも満たない鎖で繋がれているのだから
昔々媚びたはずのこの世に
干からびた水の皿を
内側に抱え続け
今。










ゴンタ IMGP0680.gif


「ね、ごはんまだ?」

ゴンタ IMGP0687.gif











タグ:
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

バジルの芽・成長点 [植物]





成長点バジル DSC00036.gif


バジルの芽が出ました

精一杯お日様に向かってます

我が家でサラダやジェノベーゼになるために

元気よく生まれてきてくれました




こちらは植物園で撮りました

成長点 IMGP0199.gif


成長点 IMGP0196.gif




植物の成長点は日々変化して

新しい葉を生み出していきます




拾ってきたギンナンを植えたら芽が出ました

大木になる銀杏だって、

小さな小さな成長点を持っています

成長点 IMGP0385.gif



人間の成長点はどこにあるのでしょうか…?

目には見えませんが、

日々 少しでも成長できる「点」を持っていたい!と。




明日も心が晴れだといいですね!








nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。