So-net無料ブログ作成
検索選択

緩和ケア病棟 [konekone陶芸教室]


みなさん、本当にお久しぶり[わーい(嬉しい顔)]です。


なかなか更新していないので、ご心配くださった方々からメールをいただき、嬉しい励みとなりました。


実は、実家で自宅療養中の父が、自分で無理をして歩こうとして転倒。
背骨を圧迫骨折して、寝たきりになってしまいました。
前回のブログ記事の作品展を、車椅子で観に来てくれた日の午後のことです。


たまたま骨折した直後という時に実家へ寄ったのですが、痛くて身動きひとつできず床に倒れたままの父。
母は、厚手の段ボールに乗せて引きずって運ぼうとしていました。


弟も呼んで一緒に運びましたが、段ボールではせっかく買った介護用のベットに乗せることはできませんでした。
バスタオルでベットへ移そうとしたら、背中が曲がってしまって激痛。
戸板は無いし…仕方がないので、そのまま畳の上に布団を敷いて寝かすことにしました。


介護ベットが有るのと無いのとでは大違いです。
介護する側が腰やら膝やらを傷めてしまいました。
おまけに、わがままな父が更にわがままを言い出し、秒刻みで細かい用を言いつけます。


母をはじめ、周りの者もみんな疲れててしまって…
私は受け入れてくれる病院をあちこち探しまわりました。
難しい病気の難しい時期、普通の病院では受け入れてくれませんでした。


そんな時に、緩和ケアの病棟のある病院を知りました。
末期の患者さんを受け入れて、最期の時まで「人としての尊厳」を失わないように手厚く看護してくれる病院です。


イメージしていたよりも、もっと暖かく、それでいてさりげなく「普通」に接してくれる、そんな病棟があったのです。


以前入院していた病院とは、全く違いました。
(患者を並べて座らせて、次々に棒タワシで股間を洗っていく…そんな非人間的なことが、当たり前のように行われている病院もあるのです)


父はまだ末期ではありません。(多分)
が、しかし、その時が来たらまたこの病棟でお世話になることと思います。


結局、父は3週間ほどそこに入院して、また自宅へ戻ることができました。
その病棟の先生が言われた意味がわかりました。
「緩和ケア病棟の意味は、家族の緩和も含む」ということ。
末期の患者の身体や心の痛みの緩和は勿論のこと、その末期に至までの長い間の患者本人と、それを看る家族。その双方の心身の疲れをも緩和してくれるのですね。


ありがとうございました。





と、言う訳で、この2ヶ月の間は、パソコンの前にゆっくりと座る時間も心のゆとりもありませんでした。
更新しないことで、みなさんにはご心配をお掛けしましたが、こんな拙いブログの主にも暖かい応援をして下さったことに感謝いたします[かわいい]



ありがとうございます!



私が更新しないせいか、その間にデジカメも壊れてしまい、最近の写真がありません。
夏の写真ですが、工芸館での体験教室の模様を載せます。


あ、それから、病院からは「もっと救急車を利用してください」と言われました。
頻繁に呼ばないで下さい!という話は聞いたことがありますが…。





くまもと工芸会館 (熊本市川尻) にて


風鈴つくり.jpg


風鈴つくり2.jpg

夏休みの風鈴つくり体験教室




くまもと工芸会館は、体験型のとても楽しい会館です。
ガラス工芸、竹細工、独楽つくり、陶芸、かずら工芸、革細工、刃物工房…etc
いろいろ体験できます。みなさんもどうぞ遊びに来て下さい!


とんぼ玉体験.jpg

とんぼ玉体験教室




みなさまのブログへも、暇を見つけてお邪魔させていただきます。












nice!(46)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

nice! 46

コメント 20

やよい

良い病院にめぐり会えてよかったですね、
お父様がお家に帰られて ほっといたしました。
chakoさまも ご無理のないようにしてくださいね。
by やよい (2010-11-19 16:50) 

Combat!

よい病院に巡り会えてよかったですね。
私も病気をして初めてわかりましたが、綺麗な病院、大学病院や大きな病院がいいとは限りませんね。自分たちでいい病院を探さないといけないのはちょっとたいへんですが。
お父様、大事にしてください。
by Combat! (2010-11-19 17:04) 

ナカムラ

お帰りなさい。

大変でしたでしょう・・・・。御身もご大切になさってくださいね。
by ナカムラ (2010-11-19 19:24) 

kuni

そうでしたか、、、しばらく介護のお手伝いということになるんですね。
どうぞ、ご自分も大切に。
by kuni (2010-11-19 20:59) 

園ヒグラシ

人間、かんたんにくたばりはしません。
たのしい心で生きれば、200歳だって可能かも!
by 園ヒグラシ (2010-11-19 23:35) 

の

よく分かりましたデス
骨折☜(・・;)。。。ウチの母の時とよく似てるナァと記事読みましたヨ

介護する側が「倒れたら」ナンにもなりませんから、、
chako さん!アータ自信が気をつけて、、、、
by (2010-11-19 23:41) 

☆ササエ☆

大変でしたね。
お疲れ様です。
介護っていつまで続くか分かりません。

ササエは正直実父の死を願っています。
嫁いでまでお金無心。
形見の狭い娘の事は重いやりもせず、モーニングに行けないのだとか
温泉に行けないのだとか文句ばかり。
今は施設にいますがボケてるふりがばれました。

いつになったら子供を自由にしてくれるのかと・・・。
親を想いやれる関係って羨ましいです。
by ☆ササエ☆ (2010-11-20 02:02) 

きよたん

親は大事です
どんなになろうと生きている限り。
介護は心身ともに疲れますが
ぽっくりと亡くなってしまうのも
さみしいものです
自分も行く道ですものね
by きよたん (2010-11-20 09:20) 

extraway

chakoさんの処の事情は分かりますので、更新がなければその方のこともあるんだろうな、などと考えておりますね。父親と娘。家族。すべて運命的なことですから、どのような状況にあれ、今の時間の大切なことを、思いますね。
by extraway (2010-11-20 12:33) 

すず

大変だったんですね・・・
でも、いい病院が見つかってよかったですね。
こんな緊急の時は救急車を呼んだ方がいいですよ。
ご本人もご家族も無理して、病状を悪化させない為にも・・・
とんぼ玉、陶芸の体験講習、行ってみたいです。
もっと近かったらな~~~
by すず (2010-11-20 20:45) 

S_S

とても大変な時間をお過ごしだったんですね…
どうぞ、ご自愛下さい。
どんな仕事でも、心を込められない仕事は仕事じゃない!って思えます
棒タワシで・・・
ありえませんね…もはや人の仕事とは思えません。。。
良い病院にめぐり合えて良かったですね^^

by S_S (2010-11-21 00:06) 

ikuko

大変でしたね・・
病院によって対応って、ほんと違いますよね。。先生も。
よい病院と出会われて、ほんとに良かったと思います。

by ikuko (2010-11-22 22:26) 

SILENT

お元気そうで何よりです
介護では心身ともに消耗されるものが多いと思いますが
ゆとりの時間
ほんの小さな時間でも濃く深い時間があると
信じてます

by SILENT (2010-11-25 08:55) 

れお

そうだったんですね・・・。
すごく大変だったと思います。

今の世の中、介護疲れなどで自殺や心中などが起こるのも
ニュースで聞きますが、
そういう中で緩和ケア病棟のような設備があるというのは、
介護される側もする側も本当ありがたいことだと思います。
by れお (2010-11-25 18:44) 

mphoto

お疲れ様です・・
今日より明日が良い日になりますように^^
by mphoto (2010-11-30 19:41) 

dororo

どうしたのかと心配してました。
介護、大変だと思いますが、無理をしないよう、chakoさんが
体を壊さないよう気をつけて下さいね。
by dororo (2010-11-30 22:49) 

chibiroh

大変だったのですね・・・
よい病院をみつけられて本当に皆様のためによかったです。
病院によって全然違うものなのですね。
by chibiroh (2010-12-01 10:35) 

広島ピアノ

コメント有難う御座いました。
今まで誰がやっても同じだったと言う諦めににた感情が沖縄の人にはあった様です。
そして、今回は両候補ともに『基地は県外』と、主張が同じだったことも原因だったと思われます・・・。
これからもよろしくお願いします。
by 広島ピアノ (2010-12-01 12:19) 

an弾手

本当に大変でしたね。って、まだ過去形でもないとは思いますが。
でも、どんな時でもそれをもう1人の別の自分の目で見て冷静に語ることが出来るchakoさんはすごいです。

私の所にも92歳の要介護老人がおりますので人ごととは思えません。
というか、自分自身がそのうちに、ですけどね。

また色々教えてください。
by an弾手 (2010-12-01 17:24) 

aya

お久しぶりです、そんなことが有ったんですか、大変でしたね。
緩和ケアってあまり聞いたことが無いのですが、家族も対象になるって
なんだかホッとしますね、きっと周りも大変だろうと想像できますから。
親を看ていくのに とても参考になりました(^-^)V
by aya (2010-12-02 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。