So-net無料ブログ作成
検索選択

歌う少女と目の見えない羊と [konekone陶芸教室]

こねこねねんど.jpg



コーラス人形  目が見えないということ



その人は、お友達にしっかり脇をかかえられてにこにこしながら、やって来ました。
工房の部屋に入るまで、目の見えない方だとは全く気付きませんでした。



自己紹介をすると「あら、先生は小柄な方なんですね?私たちと同じくらいのお年かしら?」といきなりズバリ当てられびっくりしました。
「どうして分かったのですか?」と尋ねると、声の聞こえて来るのが自分の耳より下の方向からだということと、声の張りや喋り方で判断されたそうです。
そして彼女は、こう付け加えました。「気が合いそう!当てた理由を即尋ねるなんて。」と笑います。
目の不自由な方に陶芸を体験してもらう不安など、一瞬に消え去りました。



席にご案内するといきなり「どうしてもこれが作りたいんです。」彼女は一枚のメモ紙を差し出しました。
ご自分が口頭で説明したことを、12才の娘さんが絵にしてくれたとのこと。
かわいい女の子が三角巾をかぶり、両手で楽譜を持って立ち、小さな口を大きく開けて歌を歌っているコーラス人形です。



彼女が幼い頃、叔母さんの家のピアノの上にあった人形を、彼女は何度も何度も頼み込んでようやく貰い受けたそうなんです。
娘さんが生まれたとき「この子が大きくなったら譲ろう」と、大切にしていたらしいのです。
でもその後、彼女が目を患った後、掃除をしていた時に落として割れてしまい、残念でたまらなかったそうです。
今回陶人形の体験教室を知り、ぜひあのコーラス人形を再現して、それを娘さんの中学校入学のお祝いにしたいと思いついたそうです。
それを聞いた私も、俄然張り切りました!



彼女は、全身全霊、フルに五感を働かせて取り組みました。
粘土を渡すと「わぁ!冷たい!」と頬摺り。 
土を練っていくと、「あぁ、この感触なつかしい・・・。幼稚園の粘土の時間って大好きだったんですよ!」と心から楽しそう。
また、粘土と粘土を接着するとき、粘土を練り歯磨き状に溶いたドベというのを使うんですが、あいにくドベが乾いていたので水を入れました。その水の染みていく音にまで感動。
「あらまぁ、シュワシュワシュワってなんて可愛い音だこと!」



彼女の頭の中にはしっかりした完成図があるので、私はそれを引き出すお手伝いをするだけです。
手探りで確かめながら、入念にチェックしていきます。
「もう少し大きめの三角巾で、結び目は顎のこの辺りに」
「口はもっと大きく開けて精一杯歌ってるように」と、妥協を許しません。
何度も何度も手で撫でながら、完成に近付けていきます。



出来上がると彼女は指先で全体を細かく念入りに確かめて
「あぁ カワイイ!」とニッコリ。



それから二個目に挑戦。
余った粘土をさすっていた彼女、何やらひらめいたようです。
「この粘土の形、羊に似ていませんか?」なるほど!
「大草原にのんびり寝そべる羊」を作ることに。



頭の形を少し整えて丸まった角を付けると、たちまち羊らしくなりました。
すると彼女が言いました。
「羊だから、フワフワッとした感じを出したいんですけど?」
硬い陶粘土でやわらかい毛か…難しいな…
そうだ!彼女の積極性に触発されて、私も突然ひらめきました。
「羊の頭と体に、ひらがなの【の】字をびっしり書いてみたらどうでしょ?」
「あ、いい!それなら私にも出来ます!」やがて羊は、やわらかな【の】の字の毛で埋まりました。



次に顔を描くことに。
「口はどうしますか?」
「笑っているように」
彼女の右手を羊の口元に案内します。すると手探りで口元を彫って笑う口ができました。
「目はどんなふうにしますか?」
「しっかり瞑っていていいです」
目を閉じた彼女が言います。瞳を閉じてにこにこしている羊は、まさしく彼女そのものです。目を瞑っていても、彼女にはあらゆるものが、いや、ものの心までもが見えているのです。



10年前に失明された当時はやはり相当落ち込んだそうですが、明るく振る舞う彼女からは失望など微塵も感じられません。
そうでした。彼女は今はもう失望などしていないのです!
すぐにそのように捉えてしまうのが健常者(この言葉も好きではありませんが)のいけないところなのですね…



「実は、私も以前、病気で失明しそうになって何年も治療を続けたことがあるんですよ。」と昔のことを告げました。
すると彼女は、突然立ち上がって手探りで私の手を握りに来ました。そして、
「え?それで?それで、治ったんですね?良かった。それは本当に良かった!」と手を強く握り締めながら言いました。
彼女の手は、本当の苦しみから自力で這い上がった人のぬくもりでした。



羊の閉じた瞼に、かわいいまつ毛を描いて出来上がり。
私は今日の日を忘れません。
以前のブログより抜粋





IMGP1880-2.jpg
ほら、よく見てごらん 心の目で



そして実は、この話には後日談があるのです。
哀しい現実です。
その話は、次回にしますね。


長い文章を読んでくださって、ありがとうございました。








nice!(38)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

nice! 38

コメント 20

SILENT

メールアートのお返事無事届きました
ありがとうございます
今回の文章胸に沁みますね
目が見えない方は、本当のモノが観える
耳が聞こえない方には、本当のコトが聴こえる

そんな文章を読んだ記憶があります
絵画塾の先生に モノが見えるようになったら
完成したも一緒だと聞いた話も憶いだします

悲しい現実
何が待っていたのでしょう

メールアートこちらのブログで載せてもよろしいでしょうか
題の話も興味深く読ませていただきました。
もうすぐ俳句の締め切り日です
季題がありました。季題があると自由に季語を選ぶ句よりも
難易度が増しますね。
長く書きすぎました。
本年も来年もよろしく願います。

by SILENT (2009-12-22 10:16) 

ikuko

すばらしいお話・・心に染みました。
何が怖いって、視界がなくなることが
私にとっは一番怖い。
それでも、笑顔で過ごされている方、
がんばっておられる方々って、ほんと尊敬します。
(哀しい続き・・どうしよう。読めるかなぁ・・・)
by ikuko (2009-12-22 15:27) 

☆ササエ☆

人間は何かを失うと、どこかが研ぎ澄まされそれを補おうとするそうです。
でも、現実に自分の身におきたら・・・どうでしょう。
そんな言葉は慰めにもならないでしょうね。

自分で経験し身に付き納得して行くものでしょうから。
お強い方なのですね。
哀しい続き、知りたい様な知りたくない様な・・・。
by ☆ササエ☆ (2009-12-22 19:07) 

extraway

気になりますね、哀しい現実。
by extraway (2009-12-22 20:42) 

dororo

こんにちは。
とても深い話ですね。
続きが気になります・・・
by dororo (2009-12-22 21:43) 

園ヒグラシ

失ったものを補おうとする力、補おうとする心が、人間には備わっているのですね。
by 園ヒグラシ (2009-12-22 21:51) 

あうりん

辛い日々を乗り越えて今の前向きさには
感動します。
一生懸命、楽しみながら作っている様子が
想像出来ます。が哀しい続きが気がかりです。

by あうりん (2009-12-22 23:18) 

こうちゃん

亡くなった母も、視野を失っていました。
by こうちゃん (2009-12-22 23:26) 

きよたん

目が見えていても何も見えない人もいるし
目が見えなくてもちゃんとものが見える人もいる
はっとしますね
心がものをみるのでしょうか


by きよたん (2009-12-22 23:44) 

COLE

以前にchakoさんのパワーについて書かせてもらいました
この記事にも大なるパワーが満ち溢れています
パワー 生きる力
次回の内容 どのような展開になるのでしょうか
by COLE (2009-12-22 23:44) 

chibiroh

辛いことを乗り越え日々をすごされている方、
尊敬します。
後日談・・・気になりますが、読むことに尻込みしてしまいそうです。
by chibiroh (2009-12-23 08:07) 

TSUYO

じ~んときました。
お人形もシンプルで良いですね。
五体満足で普通にいられることが、どんなにありがたいことかと
あらためて身にしみます。 
いいお話をありがとう・・・。
by TSUYO (2009-12-23 08:33) 

kasumi

前向きな明るい方なんですね。
心に染みました。
by kasumi (2009-12-23 16:02) 

ulyssenardin36000

後日談。
拝読するのが怖い気持ちです・・・・
by ulyssenardin36000 (2009-12-23 16:16) 

michy-papa

普通の人には見えない物が
見えていると思いますが
後日談、やはり気になります。
by michy-papa (2009-12-23 16:52) 

aya

一生懸命に作ってらっしゃるのがよく分かります!!
素晴らしいお仕事ですね(^∩^*)
by aya (2009-12-23 22:25) 

ナカムラ

後日談を読んでしまってから・・・ですが、暖かい作品ですね。
by ナカムラ (2009-12-24 13:39) 

miopapa

内のメンバーの中にも
研修を受けに奇異くれる人の中にも視覚障害の人が何人もあり
日々、一緒になる機会が多い中で
同じように教えられ、心から感動するようなことが多々ありますが
お話、とっても心に残りそうで・・・
      それだけに、後日談がとても気になって仕方有りません・・・
by miopapa (2009-12-24 19:19) 

の

目の事はウチも気になるのデスゥ~(T_T)wwww
「緑内障」ナン☜(・・;)。。。
by (2009-12-26 20:37) 

nstyle

素敵なお話をありがとうございます。
次回の哀しい現実というタイトルを見て
喜んでばかりの感想が書けずにいます。
どんな話になるのか…まとめて、次回に感想を書きますね。
by nstyle (2010-01-06 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。