So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

肥後五十四万石の民工芸展in東京 [尚工房:陶人形]


とっても寒い毎日ですが、お元気ですか?
私は風邪をこじらせて喘息になってしまいました。寝込んでます…[ふらふら]
風邪ひきのみなさん、お大事に!



[ひらめき]今日は、展示会のお知らせです。
「肥後五十四万石の民工芸品展in東京に出品しています。
くまもと工芸会館所属の工芸家たちの展示即売会です。

会期 1月21日(金)〜2月2日(水)
場所 全国伝統的工芸センター 2階 特別展示室
     東京都豊島区西池袋1丁目11-1 メトロポリタンプラザビル
     場所は↓をクリックしてください。東武百貨店の隣りです。
     全国伝統的工芸センター


東京展示会3.jpg 東京展示会2.jpg

こんな感じの作品です。
ののの堂さんのとんぼ玉も出してます。


よかったら、お近くにお越しの際にはぜひお寄りくださ〜い[ぴかぴか(新しい)]




nice!(56)  コメント(27) 
共通テーマ:アート

今ごろ?! [尚工房:陶人形]



遅くなりましたが…


ウサギ ブログ年賀.jpg



ただいま、引越しの真っ最中です。

引越しと言っても数百mの近所ですから、

軽自動車でぼちぼち運んでいます。

最後は工房も教室も窯も移転です。

しばらくは更新もままなりませんが、

取り敢えず、年始のごあいさつでした[かわいい]






nice!(28)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

ウサギ作り [konekone陶芸教室]

ウサギ作り体験教室[わーい(嬉しい顔)]



ウサギ1.jpg

出っ歯のウサギ・Hello!




こねこねねんど.jpg



阿蘇郡西原村立・河原小学校4年生13人(これで全員)のみなさんが、くまもと工芸会館に陶人形の体験教室に来られました。


みんなとても明るくて素直!そしてとても礼儀正しいこどもたちでした。
そうなると、こちらも俄然張り切ってしまいます。


今日は、作品の一部と出来上がりのお届けの様子をご紹介します。
ユニークな作品ですよ〜


ウサギ2.jpg

ウサギのマグカップ



ウサギ3.jpg

ウサギの親子カップ・お花を浮かべます




ウサギ4.jpg

ウサギの湯のみ・飲んでしまったらウサギが笑う




ウサギ6.jpg

耳無しウサギの怪獣・背中から水を入れたらおチンチンから出る仕掛け




ウサギ7.jpg

ウサギの餅つき・お団子いっぱい!




ウサギ5.jpg

ウサギの絵のマグカップ・たくさん飲めるのヨ



そして、ある子が私に言いました。


男の子「ボク…ウサギなんて知らないし、粘土細工なんて好きじゃない…」
わたし「あらら、でも今日は干支のウサギを作ろう!ってことなの…」
男の子「みんなウサギ作ったり描いたりしてるけど、ボク出来ない!」


困ったのぅ[バッド(下向き矢印)]


わたし「大丈夫! ね?ウサギ描けなくてもかけるよ!」
男の子「???」
わたし「うの字とさの字とぎの字は書けるよね?」
男の子「うん…。そっか、じゃそれにするっ![るんるん]


で、できたのがこれ↓


ウサギ8.jpg

うさぎのコップ・君は字がきれいじゃん![ぴかぴか(新しい)]






くまもと工芸会館は、体験型の楽しい工芸会館です。
私は陶人形の体験教室や実演をしていますので、みなさんどうぞ遊びに来て下さい。お待ちしてま〜す。
くまもと工芸会館HP http://www.kumamoto-kougei.jp/index.php/movie1


さて、これらの作品を大切に持ち帰り、乾燥させ、素焼きして釉薬を掛け、その後本焼き。
そして、先日はるばる西原村の河原小学校までお届けに行って来ました。



給食風景1.jpg

給食風景2-2.jpg




お届け時が給食時間だったのですが、なんと私たちにも給食をごちそうしてくれました![わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
ん十年振りに食べる給食。おいしくて、楽しくて、ラッキーでした。
大食漢?の私がうっぷとなるくらいの量でした。
6年生になると、もっともっと量が増えるとみんなが教えてくれました。


田舎の村の小学校でしたが、びっくりするほど美しい木造の新校舎で、設備も整っていて羨ましい限りの環境でした。
こんなに空気のきれいな山の中で、温かい校舎と元気な先生に包まれて、みなさん恵まれていますね。
みなさんが明るくて礼儀正しく、後片付けもバッチリな訳がわかったような気がしました。



ごちそうさま。ありがとう!




一緒に行ったおじさんは、あこがれの学校給食を生まれて初めて食べたと喜んでましたよ〜〜[黒ハート]



nice!(57)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

緩和ケア病棟 [konekone陶芸教室]


みなさん、本当にお久しぶり[わーい(嬉しい顔)]です。


なかなか更新していないので、ご心配くださった方々からメールをいただき、嬉しい励みとなりました。


実は、実家で自宅療養中の父が、自分で無理をして歩こうとして転倒。
背骨を圧迫骨折して、寝たきりになってしまいました。
前回のブログ記事の作品展を、車椅子で観に来てくれた日の午後のことです。


たまたま骨折した直後という時に実家へ寄ったのですが、痛くて身動きひとつできず床に倒れたままの父。
母は、厚手の段ボールに乗せて引きずって運ぼうとしていました。


弟も呼んで一緒に運びましたが、段ボールではせっかく買った介護用のベットに乗せることはできませんでした。
バスタオルでベットへ移そうとしたら、背中が曲がってしまって激痛。
戸板は無いし…仕方がないので、そのまま畳の上に布団を敷いて寝かすことにしました。


介護ベットが有るのと無いのとでは大違いです。
介護する側が腰やら膝やらを傷めてしまいました。
おまけに、わがままな父が更にわがままを言い出し、秒刻みで細かい用を言いつけます。


母をはじめ、周りの者もみんな疲れててしまって…
私は受け入れてくれる病院をあちこち探しまわりました。
難しい病気の難しい時期、普通の病院では受け入れてくれませんでした。


そんな時に、緩和ケアの病棟のある病院を知りました。
末期の患者さんを受け入れて、最期の時まで「人としての尊厳」を失わないように手厚く看護してくれる病院です。


イメージしていたよりも、もっと暖かく、それでいてさりげなく「普通」に接してくれる、そんな病棟があったのです。


以前入院していた病院とは、全く違いました。
(患者を並べて座らせて、次々に棒タワシで股間を洗っていく…そんな非人間的なことが、当たり前のように行われている病院もあるのです)


父はまだ末期ではありません。(多分)
が、しかし、その時が来たらまたこの病棟でお世話になることと思います。


結局、父は3週間ほどそこに入院して、また自宅へ戻ることができました。
その病棟の先生が言われた意味がわかりました。
「緩和ケア病棟の意味は、家族の緩和も含む」ということ。
末期の患者の身体や心の痛みの緩和は勿論のこと、その末期に至までの長い間の患者本人と、それを看る家族。その双方の心身の疲れをも緩和してくれるのですね。


ありがとうございました。





と、言う訳で、この2ヶ月の間は、パソコンの前にゆっくりと座る時間も心のゆとりもありませんでした。
更新しないことで、みなさんにはご心配をお掛けしましたが、こんな拙いブログの主にも暖かい応援をして下さったことに感謝いたします[かわいい]



ありがとうございます!



私が更新しないせいか、その間にデジカメも壊れてしまい、最近の写真がありません。
夏の写真ですが、工芸館での体験教室の模様を載せます。


あ、それから、病院からは「もっと救急車を利用してください」と言われました。
頻繁に呼ばないで下さい!という話は聞いたことがありますが…。





くまもと工芸会館 (熊本市川尻) にて


風鈴つくり.jpg


風鈴つくり2.jpg

夏休みの風鈴つくり体験教室




くまもと工芸会館は、体験型のとても楽しい会館です。
ガラス工芸、竹細工、独楽つくり、陶芸、かずら工芸、革細工、刃物工房…etc
いろいろ体験できます。みなさんもどうぞ遊びに来て下さい!


とんぼ玉体験.jpg

とんぼ玉体験教室




みなさまのブログへも、暇を見つけてお邪魔させていただきます。












nice!(46)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

 [尚工房:陶人形]

心象風景




猫−3.jpg






猫−4.jpg






猫−1.jpg






猫−2.jpg






猫の詩◯.jpg





今年の熊本県文化懇話会「クラフト部門」の展示会に参加した作品です。


今の私の気持ちそのままです。
自分の吐息から生まれたような、そんな気がします。


以前このブログにも書いた詩ですが、
extrawayさんからのコメントに記載してあったように、
最後の部分を改行して変えてみました。
かなりインパクトが強くなるものなんですね!驚き。
ご助言、ありがとうございます。











nice!(60)  コメント(22) 
共通テーマ:アート

Happy birthday to you ! [旅]

虹.jpg



先日の真夜中の2時半、
枕元の携帯が鳴りました。


父の容態の急変を告げる母の、
妙に落ち着いたしっかりした声。


すぐにまた電話が鳴り、
往診の先生による点滴ですっかり治まった、と。


夜が明けて、
介護疲れの母の為にお弁当を作って実家へ。


父は食べられまい…と思っていたところ、
ぱくぱくと元気に平らげてくれました。






次の日の朝早く、
またもや携帯が鳴りました。


おそるおそる出ると、
ハッピ バースディ トゥ ユー! と父の声。


Oh! サンキュー ベリー マッチ
おどけて返す私。


いくつになったかい?
体重と同じだけ。


何㎏あるとかい?
◯◯㎏よ。


あらぁ、俺より重たくなったなぁ!
……





後は、何も言えなくなりました。
頭の中で、Happy birthday to you ! がぐるぐると。


初めて父から言われた誕生祝いの言葉。
私より軽くなってしまった父の声。


これから先もずっと、うだるような猛暑の中、
毎年毎年 私の耳にこだましてくれるでしょう。


Happy birthday to you !




雲1晴れ.jpg


ところで、今年も、主人の里 福島郡山へ行って来ました。
去年の福島行きはこちら→おもてなし料理


今年は、主人の父の3回忌のためです。
一度しか会ったことがない義父ですが、
印象深く心に残っています。


帰りの飛行機の窓から撮った雲です。
私が生まれて初めて飛行機に乗ったのは、小学生の時です。
大阪の万博へ行くためでした。
弟は窓から身を乗り出し…はできませんが、
窓ガラスにへばりついて大声で、言いました。
「わあ〜!ここが天国ね?!」と。


お義父さん、
気持ちのいい、ふわふわの雲の上に座ってるんですか?


雲4 積乱雲.jpg


私が何枚も雲の写真を撮っていると、
「初めて飛行機に乗った人みたいだよ」と主人が笑います。


雲2 暗雲.jpg


雨雲を追いかけて飛んでいるのか、
たちまち空は真っ暗に。
暗雲立ちこめる…本当に不気味でした。


そして、雨雲を抜けた途端にこの虹だったのです。


虹.jpg
虹の内側は明るいんですね



ほらね、
ずっと撮っていたら、ラッキーなことにも遭遇するのよ!


雲6 低空.jpg


やがて、我が家のある街が見えて来ました。
父母の健在する街が。







nice!(63)  コメント(25) 
共通テーマ:旅行

あ・い・う・え・お [尚工房:陶人形]


例年になく長く続いた梅雨がようやく明けましたが、
明けた途端に猛暑です。
そして、今の今までド晴れだったにもかかわらず、
いきなりの大雨夕立と雷[雷]
日本もだんだん過酷な気候になって来ましたね…



前回は「さしすせそ」で介護する方の事を考えてみましたが、
今日は「あいうえお」で、介護される側の事を考えてみます。



あ・い・う・え・お

 「ありがとう」
 いつも「ありがとう」
 うれしいよ「ありがとう」
 笑顔で「ありがとう」
 お礼は声に出して「ありがとう」


核家族化が進み、老々介護の時代になって来ました。
年老いて自身の身体もなかなか思うようにいかない中、
♥をリフレッシュさせながら介護に当たるということは至難の技です。


介護してくれる年老いた妻(夫)に対して、
当たり前だと思わずに感謝の気持ちを表す事が出来たらいいのに…
と、いつも感じるのです。


「ありがとう」の気持ちは双方にあるのでしょうが、
たまには声に出して伝えないと、
介護する側の張り詰めた何かが、いつしかポッキリと折れてしまうような…
そばで見ていると、そんな気がします。


自ら「ありがとう」が言えるうちに!



それから、
介護する側・される側、この両方にも大切な事があると思います。
それは、いろんな願いやら不満やら…をどう相手に伝えるか?です。


自分の中に溜め込んでしまったら、
それはいつの間にか自分でも気付かないうちに、
大きく大きく膨らんでしまうのではないでしょうか…


なんらかの問題を感じている双方のための あ・い・う・え・お

 あっさり言う
 いじけないで言う
 うんざりする前に言う
 遠慮しないで言う
 思いやりながら言う



年老いてなお、愛情を示し合う二人でいて!



翁雛.jpg


尚工房・翁雛







nice!(69)  コメント(29) 
共通テーマ:アート

さ・し・す・せ・そ [ののの堂:とんぼ玉]

久々の更新です。
 


しばらくとても忙しい日々が続き体調を崩し、
パソコンから遠ざかっていました。



年老いた父を介護する年老いた母。



私もわずかですが手伝っていている間、
いろいろと考えさせられる場面に遭遇します。



今日は大雨の最中で蒸し暑いので、
冷たい海の中の光景を見て頭を冷やしながら、
「介護」のことに触れてみます。



ののの堂のとんぼ玉・クラゲ

クラゲ−1.jpg
クラゲ−2.jpg
クラゲー小1.jpg

クラゲ−3.jpg
クラゲー小2.jpg




介護の五ヶ条を考えてみました。
  
    逆らわない
    叱らない
    勧めない
    急かさない
    添う そっと添う 




果たしてこれは「理想」なのかもしれませんが、
こんな風なら上手くいくのかもしれない、と思って…。



どうやら私の疲れはまだ続きそうですが、
ぼちぼち更新して行きますので、よろしくお願いします。



[かわいい]ご心配くださった皆さま、本当にありがとうございます[かわいい]



とんぼ玉ー花1.jpg

とんぼ玉ー花2.jpg




[猫]子猫のPee は、
更新しない間に2倍以上の大きさになってしまいました!
成長早いですね〜 驚きです。
Pee のヤンチャ振りは、また折りを見つけてお伝えします ^^



nice!(58)  コメント(23) 
共通テーマ:アート

ねこ釣り大作戦 [動物]


[カメラ]で写す 楽しい動画



動画の編集を勉強してみたい、と思っていたところ Pee [猫]が来て、
恰好のモデルとなってくれました。


私の体調もまだスッキリしませんが、Pee [猫]を見ていたら思わず笑ってしまいます[わーい(嬉しい顔)]


今日も楽しい動画をUPしましたから、よかったら見てくださ〜い[るんるん]





前回の記事、たくさん方々に見ていただき、ありがとうございました!
動画の編集がうまくいくようになったら、
ライフワークのひとつ「詩と舞踊」もUPしてみたいと思っています。


ただ…年のせいで覚えが悪くて…しかも忘れ易い…!
毎回毎回、ゼロからのスタートです[ふらふら]


麦わら帽子で眠るPee.jpg

麦わら帽子で眠ってしまったPee








nice!(74)  コメント(32) 
共通テーマ:ペット

いきなりの「ねこブログ」 [動物]

おひさしぶりです。
ここのところ、しばらく体調を崩して、へろへろ状態でした。



ところで、ジジババだけのわが家に、かわいい子[猫]が来ました。
今日は、[ぴかぴか(新しい)] Pee [ぴかぴか(新しい)]の初登場です。


100518_134338.jpg100518_140008.jpg


初めてMac iMovieで動画を編集してみました。
音楽[るんるん]が合っていないような…? ま、いいか…。





名前:Pee(ぺーではありません。ピーです)
性別:♀ (だと思います。今のところ)
年齢:生後2ヶ月だそうですが、もうちょっと大きいような?
性格:やんちゃ[ふらふら]
出身:森高千里の出身地と同じ、阿蘇の高森。ヤマメの養殖屋さん宅



YouTubeにアップロードしてみましたが、
「埋め込み」しか出来ない状態です…原因がサ〜ッパリわかりません。
どなたかぜひ教えてください。よろしくお願いします。
と、思っていたら、な〜んだ、YouTubeの方にも普通にアップされてるじゃありませんか!
いったい、どこをどう触ったら突然OKになったの…? 
もうろくした私は、もぅ思い出せません [もうやだ~(悲しい顔)]






nice!(60)  コメント(22) 
共通テーマ:ペット

コトバノチカラ [ブログでコラボ]

コトバノチカラ展について



まず、土岐小百合さんからこんなハガキが届きました。



背中の…文字.gif



背中の向こう、あなたは、何が見えますか…?



わたしには、あるひらめき [ひらめき] が浮かびました。
その【ひらめき】を求めて、あちこち画像を探す日々。



と、そんなある日のこと。
とある治療院に行くと、
まさにイメージそのものの、あるモノが置いてありました。



お願いして写真を撮らせてもらいました。




骸骨と鳥の絵.jpg




イメージにピッタリの絵まであったので、
ガイコツを絵の前まで運んで写しました。



これをPCで加工して出来上がったのが、



背中の…完成.gif



と、こんな風に、世界中から300通ものコラボが寄せられたそうです。
ことばも通じない異国の人々とでも、
何等かの【イメージ】だけを通して作り上げるコラボハガキ。
それがメールアートの楽しさです。



「背中の向こうに見えるもの」
共通テーマでのコラボレーションの展示会が、明日から始まります。



「コトバノチカラ」展

横浜 BankART Studio Mini+カフェにて  http://www.bankart1929.com/

5月7日(金)〜30日(日)11:30〜19:30 入場無料
ことばのアーティスト・土岐小百合さんのときたま作品が展示されます。
メールアート・コラボレーション作品も世界各国から展示されます。


会期中に、ソネブロのナカムラさんと土岐さんのイベントもあります。
5月8日(土)16:00開場 16:30開演
ときたまトークwith中村惠一 500円
         (フォーチュンクッキー+ドリンク付)
          参加いただける場合:要予約(土岐さんあて)
              tokitama@tokitama.net





では、もうひとつ。



ピンク元.jpg

        

完成ピンク小.jpg



そうです。
たとえ貧苦でも、メールアートは切手代だけあれば楽しめま〜す [るんるん]








nice!(72)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

ハガキでコラボレーションする楽しみ [ブログでコラボ]


前回に続きメールアートの記事です。



ソネブロ「言葉に恋して 温故知新。」
SILENT さんから届いた3枚のハガキに、コラボしてみました。
今頃、遠く大磯の町に届いていることでしょう…。


と思っていたら、
たった今、届きましたとのコメントが[るんるん]



では、SILENT さんとのコラボ作品です。


茶卵 元.jpg

↑ SILENT さんからの元ハガキです。
「茶」のスタンプで卵の形になっています。

私はchakoですが、古い友人は「茶子」と書いてくれます。
茶子の卵として考えてみました。↓

茶卵-2.jpg

↑ はパソコンで。
「新生・私」よ、たくさん生まれてくれ…


茶卵.jpg

↑ こちらは手描きです。
chako卵から、「心の空き地」がいっぱい広がりますように!




次の元ハガキです。↓

桜と富士 元.jpg

真ん中に「ア」と見えますか?逆さまです。烏帽子になってます。
その「ア」が初めに有り、どなたかがアを烏帽子にして平安時代の装束姿を描き、そしてなぜか逆さ富士を加えてあります。

ここに、季節柄「桜」を加えてみました。↓

桜と富士.jpg

桜のスタンプを押し、粘土で桜と花びらを作り、焼いて貼りました。
お届けが桜が散った後になってしまいましたが…
(立体をスキャンしたらピンぼけになりました)




3枚目の元ハガキです。↓

おじさんと目と唇 元.jpg

おじさんのスタンプに、アーモンド型の半透明の紙が貼られています。
この半透明の紙を少し剥がして、中に貼り込んでみました。

おじさんと目と唇.jpg



雑誌を切り抜いてもっとコラージュしたかったのですが、
だんだんバランスが悪くなって来て…コラージュでのコラボは思っていたよりも難しいものでした[あせあせ(飛び散る汗)]



もっといい写真を探したくて、古本屋さんに行って素敵な写真の載っているレトロな雑誌をずいぶん探しましたが、これもまたなかなか見つからないものです…



このおじさん、昔好きだったおじさんに似ていたので、「古い記憶の中のおじさん」というイメージで、パソコンでも作ってみました。↓

おじさんのコピー.jpg





「コトバノチカラ」のパンフにSILENT さんの作品も載っています。

パンフ メールアート.jpg画像が小さくてすみません。


たくさん画像を載せたら、重くなってしまいました。
私の参加ハガキは次回の記事にまとめます [手(パー)]


追伸:↓こちらをご覧下さい。SILENTさんが、記事にして下さいました [ぴかぴか(新しい)]
http://silentsilent.blog.so-net.ne.jp/2010-04-27





nice!(55)  コメント(22) 
共通テーマ:アート

海外からのハガキ! [ブログでコラボ]

久々のメールアートについての記事です。

(メールアートについては、以前の記事↓をご覧下さい)
http://kokoronoakiti.blog.so-net.ne.jp/2009-12-04

http://kokoronoakiti.blog.so-net.ne.jp/2009-12-01




私が作った「投げ掛け」のハガキをナカムラさんに送ったところ、
海外のあちこちへ送付して下さったのです。
ナカムラさんは、「中村惠一の落合雑記帳」というブログの中で、
メールアートについてたくさんの作品を掲載されています。




切手-2.jpg
こ〜んな風に、色とりどりの切手が貼られ、
海外から片田舎の我が家のポストへ返信されて来るなんて、
とっても嬉しくて…感動しました ^^
ね、ウキウキしてポストを見る気持ち、わかるでしょ[わーい(嬉しい顔)]
あ、一番右の切手、腐れ掛けた?バナナとハムの写真なんですよ[たらーっ(汗)]




では、作品をご紹介していきますね。




まずは、私が作った画像から。
古い美術全集から、般若の面を撮り、パソコンで加工しました。↓

般若麺 元.jpg

↑このハガキに、いろいろなイメージを加えて、海外のアーティストが描き込んで送ってくれました。↓


般若麺 −1.jpg
FINLAND の PAUL さんより



般若麺 −2.jpg
BRAZIL の PERE さんより




イメージの解釈も、著作権もすべてフリーです。
どこのどんな方々が、私のハガキからイメージを膨らませられたのか、
想像するととても楽しいものです。




金髪と鬼 元.jpg

↑これは↓こうなりました。
ジャーン!

金髪と鬼.jpg
USA の MICHEL さんから。



う〜む…外国の方、文字が個性的で…
もしかしたら、お名前間違っているかもしれませんが…。




寛子と目.jpg
↑これは、娘のシルエットと、仏像の目の切り抜きです。
こちらは↓こうなりました。




寛子と目−2.jpg
NEDERLAND の AB.JO(名前?)さんより。



NEDERLANDってどこ??  調べてみました。

ネーデルラント〖Nederland〗

オランダの、本国での呼称。
ライン川•マース川•シェルデ(スケルト)川の下流域の低地帯。オランダ•ベルギーおよびフランス北東部を含む地域。

ん? で、いったいどこの国から来たんだろう???



何だかよくわかりませんが、
文化の違いから、感受性とかもかなり異なって来るんでしょうね。
もちろん個人的な個性もありますが。


まだまだ同じハガキの返信が続きます。



寛子と目−1.jpg
こちらも、Nederland の RODさん。
海の環境保護の活動をされている方だそうです。
汚れないようにラミネート加工されていました。さすが!


寛子と目−3.jpg
そして、こちらはナカムラさんより送られて来たハガキです。
ペン画による図鑑の切り抜きが貼られています。

ナカムラさん、お世話になりました!




そのナカムラさん、↓のイベントにて、トークショーをされます。
主催者の土岐小百合さんとご一緒に、メールアートについての内容だそうです。
土岐小百合さんという方は、「ことばのアーティスト」です。

パンフ表.jpg

パンフ 日時.jpg




私もこのイベントの共通テーマのハガキにコラボして投函しましたので、
展示会にハガキを展示させて頂くことになりました。
残念ながら遠くて会場へは行けませんが、お近くの方、興味のある方は、
ぜひ足をお運びください。






次回は、SILENT さんとのコラボハガキと、
「コトバノチカラ」参加のメールアート作品をご紹介しますね。



語学力があれば、ハガキを送って下さった皆さんへお礼のハガキやメールを出したいのですが…無念。

では、また〜[手(パー)]






nice!(40)  コメント(19) 
共通テーマ:アート

ブログのともしび [尚工房:陶人形]


なのに寒いですね…
すっかり風邪をひいて、きょうは寝込んでしまいました。




このブログもいつの間にか2年目を迎え、
のべ6万人もの方々にご訪問いただきました。
ありがとうございます!




先日、記念の2,000個目の nice ♬ を、偶然にも
お世話になっているkuniさんに踏んでいただきました。




九州熊本に住んでいますが、
遠く北海道沖縄の方とも交流ができるなんて。

これまで知らなかったメールアートの世界を知り、
可愛くて しかもウイット満載の豆本を知り、

仕事の面でも新たな展開が生まれるなど、
皆さまに出会えて本当に良かったです。




これまで日常の生活に追われ、
「心の空き地」が埋まってしまいそうでした…




最初は、自分の作っている陶人形や詩を
載せていきたかっただけですが、
B型人間のためか、たくさんのアンテナが出て来ました。




どうぞ、これからもよろしくお願い致します。





-27809-2.jpg

ともしび





作品は、熊本市川尻町のくまもと工芸会館にて販売しております。


4月からは、年間の陶人形教室
「陶でつづる四季折々の飾り」を開催しています。
こちらの記事も、またご報告します[かわいい]









nice!(57)  コメント(35) 
共通テーマ:アート

この花の名前は? [植物]

朝市で買いました 7本で300円
とても長持ちするとのこと


でも、名前がわかりません
どなたか教えてください 欄科でしょうか?


鮮やかな色だったので、たくさん写して
Photo Shopでいろいろ試してみました






名前入りmixソフト.jpg






イエロー2.jpg






イエロー1.jpg






小さいソフトmix.jpg





ayaさんのブログの中で、「ピカリン」という素敵な撮影方法で撮影された花々が掲載されています。
どうやって撮影されていらっしゃるのかはわかりませんが、
ちょっぴり真似して携帯カメラの[ひらめき]を使って撮ってみました。
なかなかうまくいかないものです…





ピンク1-2.jpg






オレンジ1.jpg






aya さんのブログはこちらです↓
      LAST NOT
素敵な花が溢れているブログですよ〜[揺れるハート]






名前がわかりました!
aya さんがコメントの中で教えてくれました。

「エピデンドラム」
たくさん画像があるページを見つけましたので、
興味のある方はご覧下さい。
http://www.ne.jp/asahi/ok-51/wanko/tubu/epi.html

http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hanahaku063_spring-april-2004.html




nice!(60)  コメント(27) 
共通テーマ:アート

Keep my ♥. [my mindと詩]


心を映しにカメラで写す




散歩して来ました
心の空き地が埋まってしまいそうで




病気の父から買い物を頼まれスーパー
遺伝子組み換えでない国産のものを探しまわりました




おはぎも豆腐も牛肉も
パックの裏側をいちいち確かめて




カゴは吟味したものでいっぱいに




レジに並んだとたんに
先日の娘と息子からのTELの声がよみがえる…




アルバイトも厳しいらしく
「一日に一食か二食しか食べられない」




未来がすくなくなった父にたくさん食べてほしい願い
未来がたくさんある子供らは満腹に食べられない現実




この国は
わたしは
子供らは




どこへ向かおうとしているのでしょう…








ねじれ木.gif




板目.gif




格子.gif




瓦.gif




新旧.gif




鉄橋.gif




れんが.gif




れんが窓.gif




ブロック塀.gif




門.gif




灰いれ石.gif




石畳.gif




チョウ.gif




わたし.gif






リセット完了!






nice!(42)  コメント(17) 
共通テーマ:アート

熊本と北海道のコラボレーション [ブログでコラボ]

木目に魅せられて


人形の撮影は園ヒグラシさんにお願いしました。
デジイチの初登場です[ぴかぴか(新しい)]




こども−1.jpg





裏 こども-1.jpg





こども-6.jpg





こども-3.jpg





ふたり−1.jpg





木のレリーフ、一輪挿し、特注家具、木工家国本貴文の kuni さんが作っていらっしゃる木製の花器と陶人形をコラボさせてみました。


この花器のブログ記事はこちらです→「Triad」
一輪挿し制作の行程が面白いですよ〜!
記事を見て、すぐに(昨年の11月ですが)この花器を求めました。
ぜひ、この花器をkuniさんの記事の中で探してみてください。
ヒント・ド派手君です。


木の持つ魅力いっぱいの花器と、やはり自然の土から生まれた私の人形。
不思議と調和が取れ、思わずにんまりと微笑んでしまいました。





犬 小.jpg




人形部分.jpg

人形には布目を付けています。





kuni さんのブログで、木目や年輪について詳しいことを知りました。
どうしても、どうしても、私も木を切ってみた〜くなりました。



年輪.gif




…と言うわけで、さまざまな角度で切ってみます!




IMGP1783.JPG





湯布院-6.gif





IMGP1782-2.jpg





IMGP1785.JPG

カップ&ソーサー 尚工房




正目と板目、どちらも美味しくいただきました![るんるん]



kuniさん、ようやくコラボ記事できました[わーい(嬉しい顔)]





nice!(45)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

ランチ付き生バンド付き陶芸教室 [konekone陶芸教室]

陶芸教室便りです[かわいい]


こねこねねんど.jpg



バンド.jpg

スタバでのライブ帰りの娘たちのメンバーが教室へ寄って演奏してくれました[るんるん]



日曜.jpg

教室の皆さま、作業中でしたが聴いて下さって、ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]



ランチ.jpg

こちらはお嬢さん方。 焼きたてのパンをいただき、ランチとなりました。





さ〜て、
こねこねねんど教室の皆さん、長らくお待たせしました。
「手羽先を食べる会」の時の写真をようやくup出来ました。


飲み放題、食べ放題での¥2,500-はお得だったでしょ?


慌てて加工していたら、画像が小さくなってしまい、すみません[あせあせ(飛び散る汗)]
虫メガネで見て下さいね…


1.gif

3.gif



6.gif
8.gif

各自500円で用意したプレゼント抽選交換会。
これって、思いのほか楽しかったですね〜!
皆さん趣向を凝らしたプレゼントばかり。
私は18個の中から、偶然にも娘と同じプレゼントが当たりました[プレゼント][プレゼント]



4.gif

7.gif

皆さん、何が当たりましたか〜?




9.gif

5.gif

二次会は、マクドナルド3Fを貸し切ってのライブとなりました[るんるん]


楽しかったので、次は「お花見」や「豚足を食べる会」を!ということになりましたね。
「手羽先を食べる会」の写真を早くupしないと桜が咲いてしまいそう、と焦りました[ダッシュ(走り出すさま)]

残念ながら今回参加出来なかった皆さん、次回[イベント]をお楽しみに〜[手(パー)]
それから、写真に写ってなかった方、すみませ〜ん[バッド(下向き矢印)]
今度はもっと上手に写しますね〜









nice!(61)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

明治生まれのおんな・大正生まれのおとこ [尚工房:陶人形]


まもり雛.jpg
尚工房・まもり雛


「守り雛」 あなたは守る側ですか? 守られる側ですか?







先日、明治41年生まれ 103歳の祖母が天寿をまっとうして他界しました。
明治 大正 昭和 平成と生き、芯の強い祖母でした。


戦火の中、7人の子供を守り育て、
戦後も苦しいことがたくさんあったでしょう…


私は祖母の家に間借りしていたことがあり、
祖母の幼い頃の話など、たくさん聞く機会がありました。


貧しくて、自分もまだ子供だったのに子守りに出された話。
この街にも軽便鉄道が通っていたこと。


もっとたくさん話を聞きたい、と思っているうちに、
どんどん年老いて、すっかり記憶が無くなっていました。


また いつでも話せる。
また いつでも会える。そう思っていましたが…


母が祖母の葬儀に出掛けるため、
私は娘とふたりで父の介護をしました。


展示会の搬入前日でしたから、父のベッドの横で徹夜で準備しました。
病人の父から体調を気遣われながら。


父は大正生まれです。
介護のために泊まっていると、昔の兵隊の時の話を語ってくれました。


それぞれに、みんなしっかり守って来たものがあったんですね。
受け継いでいかなくては、と思っています。





風の中のふたり.jpg


風の中のふたり部分.jpg

尚工房・風の中のふたり




たくさんの風が吹いています。
それでも、希望に向かって胸を張っていたいものです!


これからも心情を込めた人形を作っていきたいから、
おばあちゃん、空から見ていてね!






さて、がらりと雰囲気変えて…
うれしい.jpg

タオル.jpg

タオル2.jpg


当たりました! 
studio model K's な きらめき のブログ内での
難問のクイズにみごと正解し、厳正なる抽選君のお陰で、
この素敵なタオルマフラーが当たったのです[手(チョキ)]

お気に入りのフリースの色とピッタリ! コーディネートしてみました。
短い首だってほ〜らしっかり隠れます[わーい(嬉しい顔)]

さぁ、暖かくなってきたことだし、
このタオルマフラー巻いてウォーキング始めましょ!っと。

レンジャー前田さんからは、父を気遣ってくださる優しいお手紙が入ってました。
ここんとこ沈みがちだった私に、何よりのプレゼントとなりました。
ありがとうございます!



nice!(67)  コメント(27) 
共通テーマ:アート

春の気配 [植物]



花のリボン


リボン2.gif



友人に誘われて植木市に行って来ました。

花の写真をたくさん撮ったので、

フラワーリボンを作ってみました[かわいい]


フラワー.gif



焼成後の陶芸の窯が冷めるまでの間、

久しぶりに外の空気を吸い、

春の気配を感じて来ました。



秀子.jpg

長寿桜を選ぶ友人・H子さん

おばさん.jpg
長寿桜の中に潜むオバサンの顔にびっくり





しだれ梅.jpg


こちらはもうすぐ桜の季節です ^^







nice!(54)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

雛人形・だんご雛 [尚工房:陶人形]

こんにちは。


こちら、ころころの だんご雛 です。
わたしたち、茶髪なんです〜 [わーい(嬉しい顔)]




だんご雛.jpg




だんご.jpg



この「だんご雛」は娘の手作りです。



今日から大阪のお友達の所へ泊めてもらうので、

そこの可愛い2才の海音(みお)ちゃんへのお土産。



こねこね粘土の陶芸教室へ来て、

毎日せっせと作っていました。



海音ちゃん、喜んでくれるかな? [るんるん]

笑顔を楽しみにして出掛けて行きました [飛行機]







こちらは「尚工房」の雛人形



雛セット.gif


一昨年辺りから、工芸品の売れ行きが…

見るだけの方が増えました…

お〜ぃ、おひな様たちよ、頑張ってくれ〜



たくさん作ったけれど、

たくさん戻って来るのかも… [ふらふら]



ただ今、ネット販売も計画中ですが、

しっかり勉強しないと難しいですね…




絵付け.jpg






他のお雛様は、また後日upしますね。



[ぴかぴか(新しい)]金屏風[ぴかぴか(新しい)]は、ソネブロの「わがみや うめだ」さんより購入しました。
和紙の製品がたくさんあって、楽しい「わがみや うめだ」さんです!




【追加の記事!】

大阪へ着いた娘から写メが届きました。
想像通りのかわい〜い海音ちゃんと、 なパパ&ママでした。

海音ちゃん、いきなりの全国区[手(チョキ)]

海音 大.jpg

[プレゼント]ぞぅしゃんのちゅみきもしゅきだったよ



さわりたい.jpg

あのね、おひなちゃまね、さわりたいの〜![たらーっ(汗)]




♥2.jpg
♥.jpg


泊めて頂いてありがとうございま〜す![かわいい]



久しぶりに、こんな小さな子を抱っこしてみたくなりました[わーい(嬉しい顔)]



nice!(48)  コメント(26) 
共通テーマ:アート

青い刺青 [my mindと詩]


お久しぶりです。


年末風邪をこじらせた高齢の父は、歩いて入院しに行きました。
入院のその日まで、ちゃんと仕事をしていました。
なぜか導尿と点滴に繋がれ、あっという間に寝たきりに…。
病院で急激に記憶が飛んだり、食欲が低下したりの納得いかない日々。
母は無理を承知で退院させ、自宅療養を選択しました。


私は、お雛様の展示会を控えていて作業に追われているため、
買い物をしたり、時々おかずを届けるくらいの手伝いしか出来ません。


書きたい記事もたくさん溜まっていますが、
更新もままならず、皆さんにはすっかりご無沙汰しています。


今日は、5年前に書いた詩を載せます。
この時も、父は入院していたのです。
日頃、それほど話す機会もありませんが、
5年前も、今も、具合が悪くて仕事から解放された時だけ、
ゆっくり話せるのです。


父の記憶が遠くへ行ってしまわないうちに、
もっともっとたくさん話したいものです…。
大声でしか聞こえないので、体力も要りますが…。





親子 修正済-2.jpg

親子






青い刺青           



病の床にある父の手を
さすってやろうとして できず
ただ 手の甲の青いアザを
人差し指で押してみる


  17の時だった
  俺(おる)がつは「野大」(のだい)という名前の大きな牝馬で
  これが機嫌の悪かと後ろ足で蹴り上げるけん
  何遍もひっくり返った
  そしたら即 上官に殴らるる
  林檎の木の下に繋いどった
  わけも無く殴られたばってん
  満州の林檎は よか香りだったなぁ
  ほんと あれだけはよか香りだった


青いアザは昔からあった
甲が寄った分だけ
色が濃くなった


  凍て付いた川ば二本渡って
  向こうの部隊に連絡に行かされた事がある
  真夜中に月明かりだけで
  遠いオオカミの声が だんだん近づいて
  葦をかき分けると
  光った眼に出くわした
  二回渡るとよかはずが 七回渡った
  おかしかねぇ どぎゃん迷ったっちゃ
  偶数回渡って向こう側に辿り着くはずんとに
  あれは幻だったろうか


今朝 同じ17の息子は
手首にタトゥーシールをして出て行った
同じ こんな色だった


  貧しかけん
  俺には慰問袋も届かんだった
  地の果てで
  にぎりしめた拳を
  毎晩 万年筆でちくちく刺しとった
  ちくちく ちくちく
  で、いつの間にか 染まってしもうたつ


あぁ お父さん 
人生の春を全部使わせてしまって
その上で こんなにのんびり暮してて 


お父さんの孫が 
そのまた息子が
地の果ての凍て付いた川を渡らんでもいいように
どうしたらいいのか


考えてもわからんで ごめんね












クリスマス青リンゴ.jpg


ふたりの林檎





「手羽先を食べる会」へご参加くださった
陶芸教室・こねこね粘土のみなさんとお友達の方々へ。

みなさんが、会の様子をUPされるのを心待ちにされているとの事、
とても嬉しく思います。
今しばらくお待ちくださいね[手(パー)]



nice!(52)  コメント(28) 
共通テーマ:アート

雪遊び [尚工房:陶人形]


数年ぶりの大雪!

…と言っても、ここ熊本では積雪7cm


わずか7cmでも、雪を見たら、つい ワクワク[手(チョキ)]
大雪の地方の方々には申し訳ありません!

大人なのに、遊んでしまいました。一人で。




雪の中.gif

ね、暖かいね







雪ウサギ.jpg


雪ウサギのつもりが、何となく可愛くありません…




雪ハムスター2.jpg


シッポを付けて雪ネズミに変身








ペンペン草やロウバイも春を待ってます



かまくら.jpg




ロウバイ.jpg






どれを食べますか?


ハート白.jpgハート赤.jpg

ハート黄色.jpgハート青.jpg






あぁ、もう手がダメ

子供の頃はずっと遊べたはずなのに

冷た〜くなりました[雪]




まだまだ寒さが続きます

皆さん、どうぞご自愛ください [揺れるハート]





5人.jpg


雪だるま5人衆 寒くて未完…









nice!(71)  コメント(32) 
共通テーマ:アート

こんなん出来ました〜! [konekone陶芸教室]


今年最初の陶芸教室便りです

黒泥塗りの日の巻き



[ぴかぴか(新しい)]ジャジャーン[ぴかぴか(新しい)]
今日のお二人さん、初の黒泥塗りの日です。
白い土に黒泥を塗って、透明釉薬を掛けるのです。
黒泥が澄んだ紫紺に変身します!


松 長1.jpg

N:い〜い? さ、いくわよ〜

M:えっ?いきなり描くの?



松 長2.jpg

N:ぐ〜〜るりんちょっ [るんるん]




松 長3.jpg

N:ほら 見て見て〜 どうかな?

M:ハ〜 見てる方がドキドキした




松 長4.jpg

N:横っちょも塗ろうっと

M:うんうん、nice よ〜




松 長5.jpg

M:おっほっほ いよいよ私の番ね




松 長6.jpg

ん… 声も出せない 超真剣 [あせあせ(飛び散る汗)] 






松 長8.jpg




松 長7.jpg




焼けました[わーい(嬉しい顔)]


茶碗.jpg


よく食べる息子さんのお茶碗 Nさん作






皿.jpg


グラタン皿には勿体ない! Nさん作






醤油皿.jpg


二つ合わせると ♥ の形ですって Mさん作

(お刺身やお寿司を食べる時の醤油皿です)






小鉢.jpg



こちらも仲良しご夫婦のお揃い小鉢 Mさん作






本年も、陶芸教室
こねこねねんど.jpg

を どうぞヨロシク!








nice!(50)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

添い雛 [尚工房:陶人形]





ブログ用のコピー.jpg

「添い雛」

二人が寄り添うことで、初めて立つようになっています






今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとって、良い年でありますよう

こころより願っております。




今年も、心の空き地を少しでも見つけて

種を植えていきたいと思います。

踏まれても 踏まれても  を出す

雑草のようにたくましい種を!た〜くさん!








nice!(57)  コメント(40) 
共通テーマ:アート

Merry Christmas [植物]



メリークリスマス.jpg


ポ.jpg



今年は このブログを始めて

いろんな方々に出会うことができました

初めてのことをたくさん知り

多くのことを学ばせて頂き

とても楽しかったです



私も皆さんに刺激されて

アンテナを張り巡らせ

引き出しをいっぱいにして

次々と夢を追いました



so-netブログを通じて交流していた方が

突然亡くなられた哀しい出来事もありました



「動物」のカテゴリーで記事にしたゴン太も

今月半ばに星になりました

今はもう マイブログのページでしか会えません…



いつも暖かいコメントを下さる方々

遠く北海道から作品を送ってくださった方

メールアートのコラボをした方々

拙い詩を読んでくださった方々

掲載を楽しみにしてくれた陶芸教室の皆さん



本当に 今年1年ありがとうございました



来年も「ブログでコラボ」など

いっぱい企画して楽しみたいと思います

どうぞ 皆さま 来年もよろしくお願いします



ポイン9.jpg



ポイン7.jpg



ポイン10.jpg



ポイン4.jpg






nice!(53)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

哀しい現実・お友達 [konekone陶芸教室]

前回記事の続きになります。
前回記事はこちらをクリックして下さい「歌う少女と目の見えない羊と」


子 並び.gif


哀しい現実・お友達




目が見えないながらも、親切なお友達とご一緒に陶芸体験に来られた優しいお母さん
彼女が作ったコーラス人形」「大草原に寝そべる羊」


コーラス人形は、娘さんの中学校入学お祝いのために作られたのです。
私は、割らないよう注意して、約束の期日・4月1日までに焼き上げました。
「入学式は8日なので、それまでにラッピングしておきたい ♪ 」と、彼女は楽しみな様子でした。



焼き上がったので、電話でお知らせしました。
電話口に来られるまで、とても時間がかかりました。
きっと電話が鳴っても、急ぐと危ないのでしょう。



ところが、ご連絡をした後も、なかなか取りに来られません。
体調が芳しくないのかもしれない…と思い、彼女をエスコートして来たお友達の方へも連絡してみたところ、
「私は、これから出掛けるのでそのうちに」と素っ気ない返事でした。
あの日、お友達も楽しくご一緒に作られたんですが…



お友達からもなしのつぶて。
4日、5日と過ぎ、入学式に間に合うのか気になってきたので、お届けしようかな?と思い始めました。
再度お友達の方へお電話して、彼女の家を尋ねました。すると、
「彼女の家? 知りませんよ。私は友だちなんかじゃありません。
時給1,350円のボランティアなんです。呼ばれた時に呼ばれた所へ出向いて、お世話をするだけなのですから。そう、彼女にお金がある時にね。」とハッキリ。



これが現実でした。



内情を知ってしまった以上、わざわざお届けすることも気が引けました。
工芸館の棚に置いておきますから、とお友達?の方へ伝えました。
後日、棚にはなかったので、どなたかが取りに来られたのでしょう。
果たして、8日に間に合ったのかどうかはわからず終いです。



時給1,350円はボランティアと呼べるのでしょうか?
この金額、熊本の最低賃金の2倍以上です。
確かに彼女は私に「お友達の◯◯さんです」と紹介されましたけれど…



私はいつも、作品を焼き上げてお渡しする時の、皆さんの笑顔を心のよりどころにしています。
この時だけは、それがかないませんでした。



1,350円のお友達…
この一面も、日本の福祉の現実です。





3年以上が経ちましたから、記事にしました。


こねこねねんど.jpg


皆様から「後日談が気になります」というコメントをたくさん頂きました。
後日談のみでは済まされないことなのですが、
私には せめてブログで記事にすることくらいしか出来ません。




追伸:
コメント欄より

↓ayaさんからのコメントです。

これが現実ですかね、賃金を貰っていたらボランティアでは ありませんね、その方は嫌なことでもあったのでしょうか・・・ 手元に届いていたら いいですね!!

私は、このコメントを読んで、ハッとしました。
これまで、「手元に届いていない」ということを想定したことが無かったのです。
体験された方の手元に届いていないことも有り得るんですよね…
これからは、どんな事情が生じても、体験された方の手元に必ず届くよう配慮しなければ!と思いました。

それから、もう一つ。
ボランティアのお友達も一緒に陶芸の体験をされたのですが、
どうしても作品の出来映えを気にするあまり、初めから没頭して楽しむことが出来なかったような、そんな感じを受けました。
出来上がった作品は、目の見えない方のダイナミックさに比べて、多少チマチマ感があったのです。
私は決して比較したりはしませんが、一目瞭然なのは否めませんでした。
目の見えない方には、幸い?そんな些細なことは伝わりません。

見えているがために、競ってしまう…
見えているがために、出来映えが気になる…

人間って複雑ですね。





nice!(39)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

歌う少女と目の見えない羊と [konekone陶芸教室]

こねこねねんど.jpg



コーラス人形  目が見えないということ



その人は、お友達にしっかり脇をかかえられてにこにこしながら、やって来ました。
工房の部屋に入るまで、目の見えない方だとは全く気付きませんでした。



自己紹介をすると「あら、先生は小柄な方なんですね?私たちと同じくらいのお年かしら?」といきなりズバリ当てられびっくりしました。
「どうして分かったのですか?」と尋ねると、声の聞こえて来るのが自分の耳より下の方向からだということと、声の張りや喋り方で判断されたそうです。
そして彼女は、こう付け加えました。「気が合いそう!当てた理由を即尋ねるなんて。」と笑います。
目の不自由な方に陶芸を体験してもらう不安など、一瞬に消え去りました。



席にご案内するといきなり「どうしてもこれが作りたいんです。」彼女は一枚のメモ紙を差し出しました。
ご自分が口頭で説明したことを、12才の娘さんが絵にしてくれたとのこと。
かわいい女の子が三角巾をかぶり、両手で楽譜を持って立ち、小さな口を大きく開けて歌を歌っているコーラス人形です。



彼女が幼い頃、叔母さんの家のピアノの上にあった人形を、彼女は何度も何度も頼み込んでようやく貰い受けたそうなんです。
娘さんが生まれたとき「この子が大きくなったら譲ろう」と、大切にしていたらしいのです。
でもその後、彼女が目を患った後、掃除をしていた時に落として割れてしまい、残念でたまらなかったそうです。
今回陶人形の体験教室を知り、ぜひあのコーラス人形を再現して、それを娘さんの中学校入学のお祝いにしたいと思いついたそうです。
それを聞いた私も、俄然張り切りました!



彼女は、全身全霊、フルに五感を働かせて取り組みました。
粘土を渡すと「わぁ!冷たい!」と頬摺り。 
土を練っていくと、「あぁ、この感触なつかしい・・・。幼稚園の粘土の時間って大好きだったんですよ!」と心から楽しそう。
また、粘土と粘土を接着するとき、粘土を練り歯磨き状に溶いたドベというのを使うんですが、あいにくドベが乾いていたので水を入れました。その水の染みていく音にまで感動。
「あらまぁ、シュワシュワシュワってなんて可愛い音だこと!」



彼女の頭の中にはしっかりした完成図があるので、私はそれを引き出すお手伝いをするだけです。
手探りで確かめながら、入念にチェックしていきます。
「もう少し大きめの三角巾で、結び目は顎のこの辺りに」
「口はもっと大きく開けて精一杯歌ってるように」と、妥協を許しません。
何度も何度も手で撫でながら、完成に近付けていきます。



出来上がると彼女は指先で全体を細かく念入りに確かめて
「あぁ カワイイ!」とニッコリ。



それから二個目に挑戦。
余った粘土をさすっていた彼女、何やらひらめいたようです。
「この粘土の形、羊に似ていませんか?」なるほど!
「大草原にのんびり寝そべる羊」を作ることに。



頭の形を少し整えて丸まった角を付けると、たちまち羊らしくなりました。
すると彼女が言いました。
「羊だから、フワフワッとした感じを出したいんですけど?」
硬い陶粘土でやわらかい毛か…難しいな…
そうだ!彼女の積極性に触発されて、私も突然ひらめきました。
「羊の頭と体に、ひらがなの【の】字をびっしり書いてみたらどうでしょ?」
「あ、いい!それなら私にも出来ます!」やがて羊は、やわらかな【の】の字の毛で埋まりました。



次に顔を描くことに。
「口はどうしますか?」
「笑っているように」
彼女の右手を羊の口元に案内します。すると手探りで口元を彫って笑う口ができました。
「目はどんなふうにしますか?」
「しっかり瞑っていていいです」
目を閉じた彼女が言います。瞳を閉じてにこにこしている羊は、まさしく彼女そのものです。目を瞑っていても、彼女にはあらゆるものが、いや、ものの心までもが見えているのです。



10年前に失明された当時はやはり相当落ち込んだそうですが、明るく振る舞う彼女からは失望など微塵も感じられません。
そうでした。彼女は今はもう失望などしていないのです!
すぐにそのように捉えてしまうのが健常者(この言葉も好きではありませんが)のいけないところなのですね…



「実は、私も以前、病気で失明しそうになって何年も治療を続けたことがあるんですよ。」と昔のことを告げました。
すると彼女は、突然立ち上がって手探りで私の手を握りに来ました。そして、
「え?それで?それで、治ったんですね?良かった。それは本当に良かった!」と手を強く握り締めながら言いました。
彼女の手は、本当の苦しみから自力で這い上がった人のぬくもりでした。



羊の閉じた瞼に、かわいいまつ毛を描いて出来上がり。
私は今日の日を忘れません。
以前のブログより抜粋





IMGP1880-2.jpg
ほら、よく見てごらん 心の目で



そして実は、この話には後日談があるのです。
哀しい現実です。
その話は、次回にしますね。


長い文章を読んでくださって、ありがとうございました。








nice!(38)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

クラゲ玉とシャボン玉 [ブログでコラボ]


また マクロごっこをして遊びました


  閉じ込められて みませんか?









くらげ玉2.jpg
とんぼ−2.gif

ポイン12.jpg

ポイン15.jpg

あああああああああああああああああ くらげ玉1-2.jpg
ポイン14.jpg


ポイン15.jpg
ああああああああああくらげ玉2-1.jpg
ポイン12.jpg
ポイン15.jpg

ポイン14.jpg

ポイン11.jpg

ポイン12.jpg

くらげ玉1.jpg




ポイン6.jpg



くらげ玉1.jpg
ポイン17-2.jpg



とんぼ−2.gif



とんぼ玉.jpg
ポイン17.jpg










ののの堂さんの作っているクラゲ玉と
シャボン玉に閉じ込めたポインセチア

宝石みたいに散りばめコラボしました







こちらはののの堂さんのブログです
http://adatara626.blog.so-net.ne.jp/
今日は、とんぼ玉の工房におじゃましました


ガラス2.gif



ガラス3.gif



ものづくりって、いいですね。










nice!(71)  コメント(37) 
共通テーマ:アート

イルミネーション [my mindと詩]



数年前に書いた詩です








イルミ.gif





家路


凍えるシートに 身を沈め
アクセルを踏む けだるい足底
虚ろな目で追う テールランプ
早すぎる 闇の到来
見慣れた家路を 辿る


視界を横切る 角の白い家


電飾・虚飾・過飾
あの明かりの内側で
集う家族は 暖かいのだろうか
どれくらい 暖かいのだろうか


冷たいハンドル
乾いた手のひら


角を曲がる


と、
再び遮る 点滅の群れが
閉ざした車の窓を
割る 刺す この身まで


ただ 美しく輝いて


目をそらし ミラーを覗くと
遠いあの頃の母が 笑いかける
あなたの飾るツリーに
幼い私は 綿の雪を乗せながら
無邪気に走り回る


——メリー・クリスマス


家路は遥か 進まぬ車の列
もう 誰も喜ばなくなった
フライドチキンが 保温箱の中で
静かに冷め始める……
イルミ2.gif









読んでくださって、ありがとうございます。





家.jpg

クリスチャンでもないのに…
エコが叫ばれているのに…
電気代は平気なんだ…
自分の家の中からは見えないくせに…



私は僻んでいたのでしょう



数年のうちに「事態」は変わりました
更に煌煌と輝くエコなイルミネーション
野原.jpg
我が家には
チキンを待つ子供も、もういません
小さなツリーも、もうありません

クリスマスのイルミネーションを見ても
「あんなことを感じていた私」
を一人思い出すだけ

そして、
クリスマスイルミネーションはなくとも
慎ましやかな灯のともる窓




そんな家庭を築いてほしい 
と、将来に向けて心から祈るだけです




トンネル.jpg
未来へのトンネル





nice!(34)  コメント(10) 
共通テーマ:アート
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。